当たる霊視鑑定のブログ

ミライ

40代
東京都出身 三代続く江戸っ子
趣味は車で旅行すること。F15の本気モードの飛びっぷりも好き

私は物心がついた時から「何故、『生きる』ということがあるのか?」「目の前に映るこのすべては一体何なのか?」が不思議で不思議でなりませんでした。
3歳か4歳か夜ベッドに入って1人になると、天井を見つめながら毎晩この絶対的な疑問を抱いていました。
何故、今この目に映っている世界があるのか?何故、家族や友達はこのことを疑問に思っていないのか?不思議で不思議で仕方がありませんでした。

そしてそのことを考えると決まって、膨大な量の素粒子のような小さな丸と紐のようなものがゆっくりと大量に動いているのが目の前いっぱいに見えました。この素粒子のようなものは右へ行くように意識を向けると右へ行き、左へ行くように意識を向けると左へ行くのですが、基本的に自分の意思ではどうにもならない動きをしています。
これは目を開けていても、目を閉じていても見え、今でも見ようと思えばいつでも見えます。

この素粒子のようなものには、当たり前のような安心感があり、守られているような絶対感があることと、少なからず自分の意思を加えることができることと、生まれてから今までずっと、目を閉じていても開いていてもいつでもどこでも全く同じ様に視えることから、神とは何か?超高度知的生命体のもと、人間はいずれ肉体を捨てるで書いた超高度知的生命体のとある管理下にあることと関係しているのではないかと思っています。

物心ついた時から凡光が視え凡光に意思を加えることができ、それ以上に様々な体験をしてきました。
思ったことがその通りになることが当たり前のようにあり、霊能者ではないけれど自分に関わる人や自分が知りたいことに関してはいつでも霊視のようなことができました。今でもそうです。

霊を肉眼で見たのは生涯1度だけで、それ以外は人の顔を見たり、話を聞いている時や、ふとした時にわかることが色々あります。

私が仲良くなる人や身近な人達は見事なまでに全員神も仏も信じない、ビックリするほど現実的で、スピリチュアルな話を少しでもすると煙たがるような人達ばかりでした。しかしそれが却って、真実を追い求める疑い深い私の疑問を解くきっかけとなり、私にとって完璧な人間関係であることが解りました。

ちなみに私が生まれる前に亡くなっている私の祖父は、手をかざしただけで体の痛いところを治したり熱を下げたりすることができる人でした。

私の人生はとにかく強運で、非常に守られていて、誰にもわかって貰えないような苦しみや悲しみも沢山ありましたがとにかく幸せな人生でありました。

私はこれまで40年以上、自分が興味を持った様々なスピリチュアルな世界を追求し続けてきました。
ちなみに以前は「気」に特化したブログを6年6ヶ月やっていました。

死後の世界、霊、パワーストーン、風水、パワースポット、イヤシロチ、ゼロ磁場、分杭峠、中央構造線、引き寄せの法則、気功、氣、陰陽五行、波動、呪術、神様、真言、言霊、水、カタカムナ、古代エジプト、臨死体験、死後体験、ソルフェジオ周波数、ヘミシンク、周波数、電磁波、自然、植物、無添加、健康食品、都市伝説、日本の伝承、その他多数、真実を追い求め続け、
もうこれ以上知ることはないと思って過ごしていた2015年の1月に、私は生まれて初めてUFOを見ました。

非常に美しく光り輝く、クルクルと回転しているような、本当に美しく見惚れるUFOでした。
UFOを見てから私は更に格の違う体験をするようになりました。

今から2年前にこの詳細について書こうとした時、何度もカーソルが他の行に移動してしまって書けないということがあり、なんとなく話してはいけないことのように思ったので2年間書かずにいたのですが、近年、やりすぎ都市伝説やその他のテレビ番組によって神々の正体や、地球外知的生命体に関する真実が語られ始めてきたので、私もそろそろ話しても良い時期なのではないかと思い、この話の続きを書いていました。

私が初めてUFO 未確認飛行物体を見たときの話

そして、UFOや地球外知的生命体に関する体験談を書いてブログを更新していたのですが、あるところまで話が進むと、記事を公開しても反映されないということが起こりました。
何をどうやってもその記事だけが反映されず、なぜか既に公開している私のこのプロフィール記事が表示されるということが繰り返し起こったので、この先の話はブログに書いてはいけないのだと思い、この先の続きの話を書くのはやめていました。

それから数ヵ月後、やっぱり多くの人に知って欲しいと思い、再び話を続けようとして新しい記事を書いて更新したのですが、またその地球外知的生命体に関する話の続きの記事だけが反映されず、このプロフィール記事が表示されるということが起こりました。

地球外知的生命体に関する体験談の話はまだまだ続きがあるのですが、本当に話しちゃいけないことなのかもしれないと思い、話は中途半端なところで終わっていますが、お読み頂けたらと思います。

ちなみに、この話の続きは、疑い深くそこまで追求できなかった私がこれまでの出来事を無視し続けて過ごした結果、地球外知的生命体が明らかに側にいることを感じざるを得なくなったある出来事の話と、インスピレーションで会話ができることに気づいたこと、本当のチャネリングの体験談、人間が神だと思っているものの正体について、人間の生死の仕組みを地球外知的生命体に教えて貰ったこと、すべての人間が潜在意識やインスピレーションなどで地球外知的生命体に管理されていること、良い宇宙人と悪い宇宙人についてや特徴などについてです。

話しても良い時期がきましたらブログで話したいと思いますので、いつかその日がくるまで封印しておくことにします。

お問い合わせ、ファンレターはこちらからどうぞ!