夢の中で宇宙人にアブダクションされる

宇宙人が地球にいる人間をUFO内に連れ去ることをオカルト業界では「アブダクション」と言います。
このアブダクションは実際に連れ去ること以外に、夢の中でも行われています。

人が見る夢には3つの種類に分けられます。
まず1つ目はその日にあった出来事や見たものの印象が強かった記憶を睡眠中に整理して処理する情報処理の夢と、

2つ目はトイレにいきたいと思いながら寝るとおしっこをする夢を見るなど実際の身体的な症状が夢の中で表れる身体的な夢と、

3つ目は霊界や異次元と繋がる霊的な夢です。

この、異次元と繋がる霊的な夢の中で無意識的に、宇宙人にアブダクションされるということがあります。

宇宙人に対する憧れや興味によって情報処理的に、宇宙人に誘拐されたと勘違いしてしまうような夢を見てしまう人もいますが、本当に夢の中で異次元と繋がり、夢の中で宇宙人にアブダクションされるということがあります。

関連記事: 夢の中で宇宙人に何度もアブダクションされてる話

今度また記事にして書きますが、宇宙人には良い宇宙人と悪い宇宙人がいます。
私を夢の中でアブダクションした宇宙人は良い宇宙人で夢の中で様々な情報を、三次元の私にわかりやすい表現で教えてくれました。

夢の中ではなく突如目の前に宇宙人が現れて強引に人間をUFOに誘拐するアブダクションとは違い、夢の中で私がワクワクしながらレジャーランドのような施設に入ったのも、私を快く招待させるために「私が前から来たかった場所という夢の状況設定」に変換されたもので、私を怖がらすことなく導いています。

私の場合は誘拐ではなく「招待」のアブダクションです。

また、いつまでも地球外知的生命体の存在を信じない私を信用させるために、腰を抜かすほどビックリするような登場の仕方でキラキラ光る宇宙人の夢を見させて信じさせたり、
私が信じることができたところで、今度は大きな母船に連れて行かれて私の使命を教えてくれました。

そしてしばらく日にちが経って、「やっぱりあれはただの夢だろう」と思うようになると、実際に寝ている私の腕を何度も持ち上げて明らかに存在を知らされたり(地球外知的生命体に何度も起こされて存在を知らされる話)、

それでも気にせず過ごしていると今度はあり得ないぞろ目の連発で完全に思い知らされたり(地球外知的生命体を無視し続けて暮らしていたらこうなった話)、
この一連の流れも私が確実に理解できるように、「夢」という三次元の情報に変換されたものです。
私が理解できる夢の表現であったりストーリーで、私にとって最もわかりやすいように教えてくれています。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😋


本物の霊視ができる占い師・霊能者7名

本物の電話霊視鑑定です。私が自信をもっておすすめできる方々です。無料お試し鑑定で問題解決しませんか?
>> 無料お試し霊視鑑定 詳細はこちら