家系因縁が長女だけに出ることで思い悩んでる人はいませんか?
長女だけ、または次女、三女など、生まれ順を選んで家系因縁が出ることはありません。

今日は家系因縁が長女に出ることに関するスピリチュアルな見解をお話したいと思います。

家系因縁とは?

家系因縁

家系因縁とは先祖の因縁のことで、先祖が原因で子孫に起こる運命のことです。
先祖が悪い行いをしていれば子孫にも悪いことが起こるなどと言われていますが、家系因縁だと思われてる多くが心理的思い込みによる影響です。

心理的刷り込みによる影響とは、例えば小さい頃から「うちは先祖代々癌家系だ」と聞かされ続けて育った結果、癌の情報を集め癌を強く意識し、癌を引き寄せる体質を作り上げ、自ら無意識的に臓器を弱らせてしまっていたり、先祖に1人自殺した人がいたからと言って、その影響を強く受けると信じて止まなかったり、悪い情報を信じ(マイナスエネルギーを取り入れ)、自ら悪い波動や現実を引き寄せることを言います。

しかし、殺人、強姦、拷問、詐欺などで何者かに先祖が強烈に恨まれている場合や、自殺した先祖が成仏されずに霊の巣のようになっている場合には、家系因縁が起こります。

家系因縁が長女にだけ出る場合

家系因縁が長女にだけ出る

家系因縁が長女にだけ出る場合、「長女に関する怨みを買われた先祖がいる」という先祖代々伝わる話を聞いているか、「うちは先祖代々長女家系が弱い」という先祖代々伝わる話を聞いているかのどちらかでしょう。

そもそも、「家系因縁が長女に出る」ことを気にしている時点で、長女家系の不幸を強く意識し、潜在意識に刷り込み、引き寄せていることに気づいていません。

思考は現実化し、常日頃から潜在意識に刷り込まれている情報が現実を創り上げます。

1代前の長女の事故や離婚、中絶、死産、病気などの話と、2代前の長女の不幸の話を結び付けた時、その時あなたが初めて家系因縁を現実に創り上げたのです。

実際に家系因縁が出るには長女だけという霊障はありません。女家系すべてに起きるのです。

母親や長女を殺されたり、虐げられた後に病死したなどの強い怨みの念を向けられた先祖がいる場合、家系因縁の可能性が高いです。
この家系因縁は長女だけに出るということはなく、女家系に出ます。次女がいれば次女にも出ますし、三女がいれば三女にも出ます。

長女以外の女家系には出ていないとしても、長女が先に生まれたから先に出ているだけであり、表面化していなくても次女にも三女にも女であれば何らかの霊障が出ていることでしょう。

霊障は目に見えるものだけではありません。掃除をしない、働き過ぎる、服装や髪型を気にしないなども立派な霊障の1つです。

関連記事: 霊に取り憑かれた人の症状 | こんな症状に要注意!見た目や行動も

長女に家系因縁がある場合、三代、四代、五代と、子々孫々、女家系に因縁があります。

長女の家系因縁を絶つには

家系因縁を絶つ方法

長女だけに出る家系因縁を絶つには、その霊障が本当に家系因縁によるものなのかを知りましょう。

女に関する強い怨みの念を買った先祖がいる場合は家系因縁が出ますので、その怨みの念を持つ霊を供養することで家系因縁を絶つことができます。

特に女に関する強い怨みを買った先祖がいない場合は家系因縁の可能性は低いでしょう。
先祖が恨まれてるなどという話は聞いたことがないけど不安だという方は、一度親戚同士で集まって先祖の女家系について話をしてみましょう。

もし、強い怨みを買った先祖がいた場合、霊は必ず合図してきます。

  • そう言えばおばあちゃんがこんなことあったって言ってたような気がする
  • 戸籍謄本で1人気になる人がいる
  • しばらく会ってない親戚に聞けばもしかしたら何か分かるかもしれない

このような、本当にほんのちょっとした思いが浮かんできたら即調べてみて下さい。

霊はこのようにしてメッセージや合図を送ってきます。

家系因縁を絶つ手がかりがきっと見つかることでしょう。

クリック応援よろしくお願いします
 ↓↓ m(_ _)m ↓↓ 
 


最強の霊能者 TOP5はこちら