霊視と透視は見えないものを見るという点では同じ部分もありますが、霊視と透視では見え方や見えるものに明らかな違いがあります。
今日は霊視と透視の違いについて詳しく述べたいと思います。

霊視と透視の違いの定義

ESPカード

透視とは主に、現時点にある物体の隠された部分を見ることを言います。
例えはESPカードによる透視です。ESPカードとは、丸・十字・四角、星型などの記号が書かれたカードで、伏せたESPカードの裏に何が書かれているかを見ることや、箱の中身が何であるかを当てることと同様の能力を透視と言います。

また、離れた場所にあるものを見ることを、遠隔透視(リモートビューイング)と言います。

霊

一方、霊視とは主に、霊的な存在を知覚したり、物体ではないものの情報を得ることを言います。

見えないものを見ることに関しては、霊視も透視も同じ部分はありますが、定義としては、見えないものを透かして見ることを透視と言い、見えないものの情報を知覚することを霊視と言います。

霊視と透視の見え方や見えるもの違い

霊視では脳裏や肉眼で見えるだけでなく、熱い、寒い、痛いなどの体感や、聞こえないはずのものが聞こえる(霊聴)現象を伴うことがありますが、透視では見ること以外に感じる体感や聞こえる現象は伴いません。

霊視が、見えないものの情報を知覚するという点では、伏せたカードの裏に書かれた情報を読み取ったり箱の中身の情報を得ることも霊視と言えますが、「伏せた」「隠された」ものを視ることに対しては霊視というより透視と表現した方が的確です。

霊視と透視どっちが当たるのか?

霊視とは見えないものの情報を知覚することを言い、透視とは現時点にある物体の隠された部分を透かして見ることを言うので、より正確性が求められるのは透視ですが、霊視をするのも透視をするのも霊能者の実力にかかっています。
従って霊視と透視ではどちらが当たるのかという点に関しては、霊能者次第ということになります。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします。新しいことが書けます



電話で霊視が当たる!本物の霊能者の無料お試し霊視鑑定がオススメ!

電話で話すだけで霊視ができる霊能者がいます。本当に霊視ができる本物の霊能者です。 相手の気持ち、生き方、恋愛、霊障、生霊、仕事の悩み等、霊視が当たった!の口コミ多数。
>> 霊視が当たる本物の霊能者の霊視鑑定はこちら