霊視と透視は見えないものを見るという点では同じ部分もありますが、霊視と透視では見え方や見えるものに明らかな違いがあります。
今日は霊視と透視の違いについて詳しく述べたいと思います。

霊視と透視の違いの定義

ESPカード

透視とは主に、現時点にある物体の隠された部分を見ることを言います。
例えはESPカードによる透視です。ESPカードとは、丸・十字・四角、星型などの記号が書かれたカードで、伏せたESPカードの裏に何が書かれているかを見ることや、箱の中身が何であるかを当てることを透視と言います。

また、離れた場所にあるものを見ることを、遠隔透視(リモートビューイング)と言います。

霊

一方、霊視とは主に、霊的な存在を知覚したり、物体ではないものの情報を得ることを言います。

見えないものを見ることに関しては、霊視も透視も同じ部分はありますが、定義としては、見えないものを透かして見ることを透視と言い、見えないものの情報を知覚することを霊視と言います。

霊視と透視の見え方や見えるもの違い

霊視では脳裏や肉眼で見えるだけでなく、熱い、寒い、痛いなどの体感や、聞こえないはずのものが聞こえる(霊聴)現象を伴うことがありますが、透視では見ること以外に感じる体感や聞こえる現象は伴いません。

霊視が、見えないものの情報を知覚するという点では、伏せたカードの裏に書かれた情報を読み取ったり箱の中身の情報を得ることも霊視と言えますが、「伏せた」「隠された」ものを視ることに対しては霊視というより透視と表現した方が的確です。

霊視と透視どっちが当たるのか?

霊視とは見えないものの情報を知覚することを言い、透視とは現時点にある物体の隠された部分を透かして見ることを言うので、より正確性が求められるのは透視ですが、霊視をするのも透視をするのも霊能者の実力にかかっています。
従って霊視と透視ではどちらが当たるのかという点に関しては、霊能者次第ということになります。

ブログランキングに参加しています
クリック応援よろしくお願いします
m(_ _)m

電話で霊視が当たる本物の霊能者

電話で話すだけで霊視ができる物凄い霊力を持った霊能者がいます。霊視や透視能力のみを使って鑑定をする本物の霊能者で、以下の5名は特に霊視能力が高い本物の霊能者です。

瑛美(えいみ)先生

霊視が当たる霊能者2 鑑定中次々にイメージ映像が浮かんでくる本物の霊能力者。その人にとって一番良い未来の映像が視える。
「当たるのは当たり前」「何もかも視えている」「神」「話してないのに全部わかってる」などそんな口コミばかりが圧倒的に寄せられている、知る人ぞ知る本物の霊能者。

清流(せいりゅう)先生

霊視が当たる霊能者3 瑛美先生同様に日本トップクラスの霊能者。霊視が素早い。業界に精通している人なら知らない人はいないくらい有名。名前も生年月日も不要で瞬時に次々に霊視が当たる。短い時間で沢山霊視して答えてくれるので沢山質問を用意しておくと良い。
「的中率100%超え」「絶対当たるから怖くて鑑定を受けるのに戸惑う時がある」「短時間で沢山霊視して貰える」など口コミ多数。

美鈴(みれい)先生

霊視が当たる霊能者3 FBI級の透視能力の持ち主。曖昧な言い回しを一切せず、はっきりしたズバズバ当たる霊視鑑定は厳しくも愛あると絶大な信頼を得ている。生年月日も名前も不要で瞬時に透視・霊視で鑑定する。白か黒かはっきり知りたい人におすすめ。
「視えるものズバリそのままを教えてくれる」「本当に凄い視えてる」「真実を、短時間で沢山教えてくれる」など口コミ多数。

この他にも、凪沙(なぎさ)先生と杜夜(もりや)先生(男性)が本当に霊視ができるレベルの高い本物の霊能者です。
他にも本物の霊能者はいますが、特に霊視能力がズバ抜けて高く、非常に優れている本物の霊能者は以上の5名です。

これらの霊能者は合格率3%の厳しいオーディションに合格した霊能者や占い師のみが入れる業界最大手の以下のサイトに所属しています。

初回2,500円分無料でこれらの本物の霊能者の霊視鑑定が受けられるのでおすすめです。



本物の霊能者の詳細や電話鑑定の受け方はこちら