霊的な悪いものから身を守りたい…
塩でお祓いできると聞いたことがあるけどどうやってやるんだろう?
なぜ、塩にお祓い効果があるの?

そんな疑問をお持ちの方のために今日は粗塩を使ったお清め方法について書きたいと思います。

粗塩でお祓い

粗塩でお祓い

塩には穢れを祓い清める効果があり、古くから現在に至るまで多くの神社仏閣の作法や行事ごとに使用されてきました。
大相撲で塩を撒くのも、傷を負った際の殺菌効果の他に、神聖とされる土俵上の邪気を祓い清める効果が目的です。

塩のお祓い効果は粗塩にあります。食卓塩にお祓い効果はありません。

塩のお祓い効果は、粗塩が持つ自然の素質にあります。

粗塩のお祓い効果

塩にお祓い効果があるのはわかるけどそもそもなぜ、塩にお祓い効果があるのか疑問に思ったことはありませんか?

塩にお祓い効果がある理由は、海が地球の生命の源であるからです。

塩は大いなる海の結晶です。地球の7割が海であるように人間の体も7割が水分です。
寄せては返す波は、地球の鼓動です。

この地球上の生命の誕生は海の中から生まれました。命の源は海です。
この海の結晶が、人が唯一癒され、リセットされるものなのです。

粗塩で祓えるもの

粗塩で祓えるものは、霊、邪気、魔物、悪い気などです。
強い怨念を持った悪霊は塩だけで祓うことはできません。しかし、軽い霊や邪気なら粗塩で簡単に祓うことができます。

「何か悪いものを拾って来てしまったような気がする…」
「人混みの中で疲れた…」
「お墓参りや霊的なスポットに行ったから体を清めたい…」

そんな時、粗塩を使ったお祓いで心身を清めると良いでしょう。

粗塩でお祓いする方法

粗塩でお祓いをするにはいくつか方法があります。塩を使って自分でお祓いする方法として最も効果テキメンなのが塩風呂です。
塩風呂に敵う、塩を使ったお祓い方法はありません。

それではご紹介しましょう。

塩風呂のやり方

塩風呂

塩風呂のやり方は、粗塩を一掴み入れた浴槽に、肩まで浸かるだけです。弱い霊なら塩風呂で簡単に除霊できます。
半身浴では効果は期待できませんので肩までゆっくり浸かりましょう。

塩の量

家庭用の浴槽に対して手のひらいっぱいに一掴みです。二掴みでも良いですが、少ないのは意味がありません。
たまに一掴みを一つまみと勘違いして料理程度の塩をパラパラと入れて塩風呂に入ってると言う人がいますが、それでは少な過ぎです。

きゅうりを塩揉みすると水分が大量に抜けるように、人を浄化する塩風呂の塩の量は、手のひらいっぱいに掴んで入れなければ悪い霊は抜けないのです。

海水のようにしょっぱくなるほど大量に塩を入れる必要はありません。家庭用浴槽であれば一掴みの粗塩で海のような気の場が出来上がります。

塩風呂の入浴時間と温度

塩風呂の時間は15分程度です。あまり長湯をすると体の中の良い気まで抜けていってしまいますので注意して下さい。

お湯の温度は少し熱めが良いのですが自分の体調に合った無理のない温度で入りましょう。

塩風呂の注意点

塩風呂の注意点として、塩風呂に限らないことですが浴槽のお湯は何日も使い回したり洗濯の水に再利用することなく、毎回新しいお湯を使いましょう。

人から祓われた悪い気は水に抜けていきます。お風呂のお湯を何日も使い回しているようではお祓いどころではありませんので毎回必ず新しいお湯を入れましょう。

塩風呂に入る順番は?

塩風呂に限らずお風呂に入る順番を気にしている方も多いようですが、家族が多い場合、お風呂に入る順番はできることなら一番元気な人が先に入ると良いでしょう。

元気は元気でも、もし家族の中に元気なお年寄りがいるなら、一番先に元気なお年寄りがお風呂に入ると良いです。

お風呂に入る順番は、病気の人や、活発に活動して疲れている人が最後に入ると良いでしょう。

家族が多くて一番風呂に入れないことが気になる人は、入る前に少し塩をプラスすると良いでしょう。

清酒風呂

塩風呂と一緒に清酒を入れるのもお祓い効果抜群です。清酒は質の良いものであればあるほど良いですが、なければワンカップ1本で十分でしょう。

塩風呂と清酒風呂でかなりのお祓い効果がありますので、是非試して見て下さい。

お祓いのお守り

お祓いのお守り

いつでもどこでも簡単に自分でお祓いしたい、出掛ける時でも安心していたい、そんな時はお祓いのお守りを持ち歩くと良いでしょう。
粗塩のお祓いお守りにして最強のお守りである守り玉をご紹介します。

関連記事: 霊障対策や憑依体質に効果がある最強のお守りや護符はコレだ!

最強のお守りグッズ、守り玉の作り方は簡単です。粗塩を清酒で固めるだけです。
これをサランラップに包んでポケットやバッグに入れて持ち歩きましょう。
このお守りは霊から身を守る最強のお守りです。

守り玉の大きさはピンポン玉くらいで良いです。

守り玉の効力は三ヶ月です。三ヶ月が過ぎたら台所の流しで水で流しましょう。ラップはゴミ箱に捨てて下さい。

塩うがい

粗塩を使ったお祓い方法に、塩うがいもあります。

塩うがいのやり方は、粗塩を一つまみ入れた水でうがいをするだけです。
粗塩を入れた塩水でうがいをすると口が浄化されます。

人は不平不満を言ったり何気ない言葉で人の心を傷つけてしまったりと、口が穢れやすい生き物です。口を清めることでその日一日の口の穢れを祓います。

塩を撒く

粗塩を使った最もポピュラーなお祓い方法として、塩を撒くことがあります。

粗塩を撒いてお祓いする方法は、玄関の掃除をした後に玄関の叩きに粗塩をパッパッと撒くのが良いでしょう。
家の中で気になる場所がある度に塩を撒いても全く意味がありません。

霊がかつて人間であったように玄関から入って来る霊もいますし、運気を作用する気の流れも玄関は重要な意味を持っています。

玄関を清めることで悪い霊や悪い気の侵入を防ぐことができます。

盛り塩

盛り塩

一般的に「塩でお祓い」と聞くと、盛り塩を思い浮かべる方も多いことでしょう。
盛り塩とは小皿に粗塩を盛ったもので、部屋の四隅や玄関に置いて場を清めるものです。

盛り塩は神社仏閣などの儀式や仕来りの際にも使われていますが、個人宅で盛り塩を使用することには関心しません。と言うのも、盛り塩がされているお宅に入った時の第一印象を思い浮かべて見て下さい。「この家には何かあるのだろうか?」「何かを祓おうとしているのか?」と思うのが大半で、この瞬発的な気が、却って悪い気や邪念を呼ぶのです。

これは、塩のお祓い効果より、盛り塩を見た時の人の気のほうが勝つということです。

盛り塩を置いたっきりで盛り塩自体に埃が被っていたり、足元で邪魔になるようなところに盛り塩を置いていたり、ベタベタとお札が貼られている前に盛り塩を置いて、家に人が訪れる度に内心ゾッとした気持ちを感じさせてしまう位なら、盛り塩は置かないほうがましです。

一般家庭の玄関で盛り塩を置くのであれば、綺麗に掃除して清めた玄関に粗塩をパッパッと撒き、清酒を染み込ませたタオルで水拭きしたほうがかなりのお清め効果がありますし、魔除けや邪気払いの効果があります。

お祓いに適した粗塩

お祓いに適した塩は粗塩ですが、製造工程の違いで様々な粗塩が販売されているのでどの粗塩でお祓いをすればいいのかわからない方も多いことでしょう。
精製されていない塩が良い、サラサラした塩はダメだ、天然塩が良いなど、ざっくりとした説明ばかりで実際どの粗塩がいいのか迷っている方も多いことでしょう。

塩の話はとても奥が深いので、ここでお祓いや浄化に適した粗塩について詳しくお話したいと思います。

粗塩の種類

粗塩には3つの製造方法があります。製造方法の違いで味も質も産地も全く異なる粗塩が販売されていますので、お祓いに適した粗塩について詳しくお話したいと思います。

イオン膜・立釜法

塩の製造方法の1つ目は、イオン膜・立釜法です。これはイオン膜を使って海水から濃い塩水を作り立釜で煮詰めて塩を作る方法です。

イオン膜で作られた塩で、海水のマグネシウムやカリウム、カルシウムなどのミネラル成分を取り除き、塩化ナトリウム99.5%以上にした塩や、塩化ナトリウム99.5%以上の塩にミネラル成分やにがり成分を添加した塩が主に広く食塩と呼ばれている塩です。

食塩にお祓い効果がないと言うのは、このような塩化ナトリウム99.5%以上の塩や塩化ナトリウム99.5%以上の塩にミネラルやにがり成分を後から添加した塩のことを言います。

イオン膜の製法はナトリウムイオンを動かすための膜で、化学変化を起こす化学製法ではありません。

イオン膜で作られた塩でも、塩化ナトリウム95%で、海水のミネラルを含む塩もあります。

これは並塩と言って、マグネシウムやカリウムなどの海水のミネラルを含む粗塩で、添加物を一切使用していない粗塩になります。
地鎮祭などのお祓いにも広く使われています。

並塩は食卓塩のようにサラサラと精製された塩ですが、並塩は海水を凝縮し、少なからず共天然のミネラルを含んだ粗塩です。

尚、イオン膜で精製された塩は、海水に含まれる水銀やダイオキシンなど様々な有害物質が取り除かれています。

溶解・立釜法

溶解・立釜法は、天日塩を水、又は再度海水で溶かして立釜で煮詰めて塩を作る方法です。

天日塩とは海水を太陽の光と風で蒸発させて結晶化した塩ですが、雨が多く湿気が多い日本の気候では天日塩の製造が難しく、雨が少なく乾燥した気候のメキシコやオーストラリアの塩田で天日干しされた天日塩を、日本では多く輸入しています。

日本で売られている多くの天日塩は、海外の天日塩を溶解し再度結晶化した再生加工塩です。
天日塩は再度結晶化する際に塩化ナトリウムの純度が非常に高くなりミネラル分がかなり少なくなってしまうため、後から塩化マグネシウムや塩化カルシウムなどのミネラル分を添加して売られていることが多いです。

天日・平釜法

天日塩を海水で溶かして平釜で煮詰めて作る方法です。立釜が真空蒸発缶であるのに対し、平釜は浅く平たい釜で煮詰める昔ながらの方法になります。

おすすめ粗塩

このように塩には、産地や製造方法の違い、添加物の有無などで様々な種類の粗塩が販売されていますが、数ある粗塩の中でもお祓いや浄化に適した塩は海水のミネラルを含んだ精製されていない天然塩(自然塩)になります。

現在「天然塩」や「自然塩」という表記が禁止されているので、実際どの粗塩が天然塩や自然塩なのかわからないと言う方もいるかと思いますが、天然塩や自然塩とは、昔ながらの天日・平釜法で作られた塩です。

ちなみに岩塩は天然塩ですが、塩化ナトリウム以外のマグネシウムやにがりなどのミネラルはほとんど入っていません。

お祓いに最もオススメな塩は、あらしお株式会社のあらしおです。スーパーで手軽に買うことができます。
お祓い以外にも料理にもおすすめです。

ネットでは4kgのあらしおも販売されています。

あらしお 4kg ※5袋まで1個口で発送可能

価格:655円
(2019/2/20 14:30時点)


希少で高価な天然塩も販売されていますが、粗塩風呂や塩うがい、塩の全身マッサージなど、お祓いやお清めに使う粗塩は、たっぷりと使いたいものです。

お相撲さんが土俵で威勢良く豪快に塩を撒くように、気兼ねなく使える粗塩を使用しましょう。

クリック応援よろしくお願いします
↓↓↓ m(_ _)m ↓↓↓  

人気ブログランキング


電話で霊視が当たる本物の霊能者

電話で話すだけで霊視ができる霊能者がいます。占いではなく霊視能力のみで鑑定する以下の5名は特に霊視能力が高い本物の霊能者です。無料登録で人生や恋愛や仕事の悩みを電話で気軽に相談できます。

瑛美(えいみ)先生

霊視が当たる霊能者2 鑑定中次々にイメージ映像が浮かんでくる本物の霊能力者。その人にとって一番良い未来の映像が視える。
「当たるのは当たり前」「何もかも視えている」「神」「話してないのに全部わかってる」そんな口コミばかりが圧倒的に寄せられている、知る人ぞ知る本当の霊能者。

清流(せいりゅう)先生

霊視が当たる霊能者3 日本トップクラスの霊能者。霊視が素早い。業界に精通している人なら知らない人はいない。名前も生年月日も不要で瞬時に次々に霊視。短い時間で沢山霊視するので沢山質問を用意しておくと良い。「的中率100%超え」「絶対当たるから怖くて鑑定を受けるのに戸惑う時がある」「短時間で沢山霊視して貰える」など口コミ殺到。

美鈴(みれい)先生

霊視が当たる霊能者3 FBI級の透視能力。曖昧な言い回しを一切せず、はっきりズバズバ当たる霊視鑑定は厳しくも愛あると絶大な信頼を得ている。生年月日も名前も不要で瞬時に透視・霊視で鑑定。傷つくのを恐れず白か黒かはっきり知りたい人におすすめ。「視えるものズバリそのままを教えてくれる」「本当に凄い視えてる」「真実を短時間で沢山教えてくれる」など信頼度はTOPクラス。

この他に凪沙(なぎさ)先生と杜夜(もりや)先生(男性)が本物の霊能者。
当サイト管理人が自信をもっておすすめできる、本当に霊視ができる本物の霊能者は、初回2,500円分無料で受けられるので本当におすすめ。

とりあえず無料登録して最大2,500円分の無料霊視鑑定を受ける方はこちら

本物の霊能者の詳細や電話鑑定の受け方の詳細についてはこちら