井戸の祟り | 息抜きやお祓いの必要性について

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

日本には昔から、すべてのものに神が宿るという考えがあり、山の神や川の神といった自然の神以外にも、竈(かまど)の神やトイレの神など、万物に神が宿るという考えがありました。

人々の生活に欠かせない井戸もまた、井戸の神様(水神)が宿ると信じられ、信仰の対象として大切に扱われてきました。

工事や家の建て替えなどで井戸を埋めなければならない場合は、井戸の息抜きとお祓いをしなければなりません。

井戸の息抜きには、井戸の底からパイプを通して水神様が呼吸できるようにする為と、井戸の中で発生するガスを地上に出す意味があります。

また、地盤沈下を防ぐ為に、この上に建物を建ててはいけないという目印の意味もあります。

物理的にも意味がある井戸の息抜きですが、井戸を埋める時は、例え井戸の水が枯れていても、息抜きやお祓いをしてから埋めましょう。

本物の霊能者ランキング
電話でサクッと霊視します。ハイレベルだと思う霊能者9名はこちら。電話で霊視が当たる 本物の霊視鑑定ランキング
1日1回クリック応援お願いします😘