気とは万物に存在する生命エネルギーです。天気の気や気持ちの気と同じであることは分かっても気を読み取るとか気を吸収することについていまいち自信が持てないでいる方のために、気を読み取ったり気を吸収することについて書きたいと思います。

気を感じるとはどういうことか?

気は気功師や特別な能力を持った人だけが感じることができるものではなく、誰しもが気を読み取り、気を感じて生きています。
例えば上司の機嫌を探ることも、友達の雰囲気が変わったと感じることも、初めて行った場所の印象を感じることも気を読み取っていることと同じことです。

関連記事: 人に気を使うと疲れる人は気の使い方を間違っている

「今朝の上司の機嫌はどうなのか?良いのか悪いのかよくわからないけど何となく機嫌が良さそうだ」とか「化粧やファションはいつもと同じなのになんかあの人の雰囲気が変わった」とか、この何となく違うとか何となく分かるということさえ「気」を感じて読み取っているのです。

人は誰しもが日常的に気を感じ、常に気を読み取って生活しています。

病は気からの本当の意味

「病は気から」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。病は気からという言葉は本当で、病どころか不運も運命もすべて気によって繰り広げられているのです。

スピリチュアル好きなら一度は聞いたことがある引き寄せの法則や思考は現実化するや、波動の法則や宇宙の法則など、これらの元となるのはすべて「気」の動きなのです。

「気」なんて興味がない、という方はもう少し意識して生きると良いでしょう。

パワースポットの気を吸収するとは

パワースポットの気を吸収するとは

パワースポットで良い気を吸収することが趣味な方は多いと思いますが、場所から良い気を得ることより、自分自身に良い気を発生させることの方が何倍も良い気を吸収し、身体や運命に良い影響を与えます。

パワースポットなどの「場所」で吸収するような受け身で感じる気より、例えば「絶対に許さない」という思いや、「離婚して離れ離れになった子供に会いたい…」というような人間の思いのエネルギーの方が遥かに気のレベルが強いです。

日常的な例を挙げても「肌綺麗だよね」とか「なんでそんなに髪の毛ツヤツヤしているの」とか「頼もしいよね」とか誰かに一言ちょっと言われただけでも「あの人にこんなこと言われた」と、その後もいつまでもその思いが持続していくこととも同じです。

人から言われる思いや言葉のエネルギーはその時だけでなくその後も継続していくのに対し、パワースポットから得た良い気をその後も何年何十年と持続していくには、テクニックが必要です。

パワースポットの気に関しては話が長くなるので今日はここまでにしますが、人が健康で幸せでいるには悪い気を作らず、寄せ付けず、良い気を取り入れ、自分自身で良い気を作ることにあります。

良い気を吸収するとどうなる?

良い気を吸収するとどうなる

良い気を吸収して元気になるのは良いですが、元気なのとうるさいのとは違います。

良い気を吸収して良い気で満たされると、楽で幸せで最高にリラックスしている状態を維持し続けます。

パワースポットに行って気を吸収して来ましたー!\(^o^)/ とやけにテンションが高い人がいますが、これはパワースポットに行ったことに満足している「欲望や承認欲求」の表れであることが多いです。
 \(^o^)/ この絵文字は使ってないと思いますけどね。

場所から気を吸収して得られる効果というものはそんな瞬時にテンションが上がるようなドラッグのようなものではなく、ここへ来ると何故か身体が軽くなるとか、ほんわかした感じがするとか、理屈では説明ができない自信のようなものを得るとかそのようなものです。

ただこれが対人関係であったり、瞑想であったり、内なるもので得る気となると気の感じ方は変わってきます。

気の話はまた今度します。今日はここまで!

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします。新しいことが書けます。


霊視で近道!立ち止まってる暇はない!初回無料サービスを使って運を切り開こう!