人に気を使うと疲れる

人に気を使い過ぎると疲れてしまうという人や、人に気を使うことで自分の気力がなくなるという人は、気の使い方を間違っています。

人に気を使うのは疲れるとか、これだけ気遣いしてるのに見返りがないのは気を使っただけこっちの無駄だと感じる人は、日常的に気疲れする事が多く、日々の生活の中でぐったりして何もやる気が起こらないと感じる日も多いことでしょう。

このような人は体内の気を減らしやすい体質で、生命エネルギーである気が減り続けることで病気になり、短命になります。

人に気を使うということは素直な優しさで「当たり前に」行うもので、相手を楽にさせてあげる行為です。
人には助け合って生きるというプログラムが組み込まれている為、その思いやりの心でどんなに気を使っても生命エネルギーを消耗することはなく、むしろ磨かれていくものです。

損得勘定や見返りの気持ちを前提とした気づかいは、相手のためでなく、自分の為に行っていることであり、このような気づかいは相手の心に届かないだけでなく、自然や宇宙の法則に合いません。

人に気を使って疲れる理由は、やりたくないことを嫌々やっているからであり、その無理矢理感が自分の中に悪い気を発生させ、生命エネルギーを減らし続けるのです。

人に気を使うのは疲れるという人は、相手の気持ちを様々な角度で推測すれば、自ずと自分なりの自然な気の使い方が解ることでしょう。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします。新しいことが書けます。


霊視で近道!立ち止まってる暇はない!初回無料サービスを使って運を切り開こう!