子供が欲しいのになかなか子供を授からない人の中には、子供ができないのには何かスピリチュアル的な原因があるのだろうか?と思う方もいることでしょう。
今日は、不妊をスピリチュアル的に説明したいと思います。

不妊とスピリチュアル

不妊とスピリチュアル

一般的に子供ができない原因としてあげられるのは遺伝や病気、又はホルモンバランスなど様々な要因がありますが、不妊をスピリチュアル的に見るといくつかのパターンに振り分けられます。
霊視鑑定の結果によって不妊が解消される場合もありますが子供ができない原因に霊的な関与がない場合、不妊のスピリチュアル的背景には以下のような意味があります。

関連記事: 不妊の霊視鑑定 ~ 子供ができない理由はここにあった

  1. 出産のタイミングではない
  2. 実の子ではなく養子を育てる宿命がある
  3. 代理出産や非配偶者間人工授精(AID)の宿命がある
  4. 子供を産まない人生が用意されている
  5. 女性性を受け入れられないため

子供が欲しくても子供ができない人のスピリチュアル的背景にはこのような理由があります。

「宿命」という言葉はあまり好きではないのですが、ここではわかりやすく説明するためにあえて使って説明します。

それでは1つずつ説明していきます。

出産のタイミングではない

出産のタイミング

子供ができないことのスピリチュアル的背景には「出産のタイミングではない」ということがあげられます。
人にはそれぞれ人生の大体の流れがあります。誰もが同じようなタイミングで妊娠するわけがありません。

世間的なことや常識的なこと、または年齢的なことで不安になったり心配になるとは思いますが、人それぞれの人生があるので、人それぞれの妊娠のタイミングがあって何らおかしいことではないのです。

子供は親を選んで生まれてくる?

子供は親を選んで生まれてくる

子供は生まれる前に来世での課題を決めてそれに見合った親を選んで生まれてきます。
なかなか妊娠できず自分が子供に選ばれないないからといって落ち込む必要はありません。
子供に選ばれないことは決して悪いことではありません。
子供に選ばれる人も選ばれない人も、平等の立場にあります。
どちらの人生にも全く公平な幸せな人生が用意されています。

常識や物質的なものだけに捉われていると不妊は悲しみ以外の何物でもないように思われがちですが、スピリチュアルを理解していれば不妊は決して不幸でも不運でもありません。

実の子ではなく養子を育てる宿命がある

養子を育てる宿命

先ほど子供は生まれる前に来世の課題を決めて親を選んで生まれてくると言いましたが、不妊に悩む人自身も同じです。
子供ができない理由には「今世ではもう実の子は育てない」というルールに基づき生まれてきた場合があります。
前世で子供を産んで育てた人生がありそれ以上の学びがないために来世では別の課題で生きよう!と決めて生まれてきた場合、その課題を達成させるために「養子を育てる」という人生のプログラムを組み、その結果不妊になっている場合があります。
実の子を育てるより、養子を育てる人生の方がその人の今世の人生において「幸せ度」が高いということです。
魂がより磨かれ、生きる醍醐味がそこにあるということです。

同じ様に、人との縁より動物を可愛がる縁の方が強い場合、養子ではなく「動物を育てる宿命」で不妊症になる場合もあります。

代理出産や非配偶者間人工授精(AID)をする宿命がある

割合としては少ないですが、代理出産や非配偶者間人工授精(AID)をする場合があります。

人には人それぞれの乗り越えるべき壁や苦労があります。幼い頃にイジメに遭い酷く辛い思いをして生きてきた人もいれば、親の借金の肩代わりをして朝から晩まで働きづくめの人もいれば、生まれつき病気で戦っている人もいます。
人には千差万別の様々な苦労があります。

人それぞれの苦労の課題が人生のプログラムに組み込まれているように、不妊症で代理出産や非配偶者間人工授精(AID)という「1つの生き方」がプログラムされている場合があります。

子供を産まない人生が用意されている

子供を産まない人生

不妊のスピリチュアル的原因に、子供を産まない人生が用意されているということがあります。
子供がいたら決してできないことをやらなければならない人生が用意されているということです。
これは何も仕事とは限りません。子育て以外にすることがあるために、不妊という現象が起きているのです。

「やらなければならない」とか「宿命」というと、人を救わなければならないとか、社会に貢献しなければならないとか、何か特別なことをしなければならないように思ってしまうかもしれませんが、「夫婦で自由に生きること」も1つの十分な宿命です。

前世で子育てや仕事や親の介護で何1つ自分の時間が持てずに忙しく生きてきた人が、今世に生まれてきた際に「今世では自由な時間と自由に使えるお金が欲しい」という人生の設定のもと生まれてきたために不妊という現象が起きている場合もあるでしょう。

宿命とは苦しみのことではないのです。宿命とは人生にあらかじめ設定された課題のようなものです。

女性性を受け入れられないため

女性性

不妊の原因をスピリチュアルで見た場合、女性性を受け入れられない自分がいるために不妊になっている場合があります。
これはどういうことかというと、「子供を産まない女なんて女じゃない」とか「子供が産めない女性は女としての価値がない」と思っていることが原因で不妊になっているということです。

子供を産まなくても世間一般に堂々と「私はれっきとした女性である」と胸を張って生きていくことを受け入れられないために、女性としての機能が働かなくなってしまっているということです。

人生は学びの場です。その人の人生において気づかなければならないことがある場合は何度でも試練はやってきます。

例え自分は子供を産めなくても、出産できる女性と全く同じ何の穢れもない女性であるし、子供が産めない体でも何の不具合でもない人間であることを理解しない限り、妊娠することはなく、毎月毎月生理が来るという苦しみが襲い掛かって来ることでしょう。

不妊治療を諦めたら妊娠した?

たまに、妊活や不妊治療を諦めた途端に妊娠したという人がいます。今までたくさんの時間とお金をかけて一生懸命に不妊治療に取り組んでいたのに一度も妊娠できなかった人が、子供を諦めた途端に妊娠したというものです。

これは先に述べた「女性性を受け入れる」ことで、自ら女性としての機能に引っかかりをかけていたものが外れたために妊娠したということです。
心と体は本当に繋がっているのです。

不妊の常識とスピリチュアル

不妊のスピリチュアル的背景には

  1. 出産のタイミングではない
  2. 養子を育てるほうが幸せ度が高い
  3. 出産や妊娠に少し苦労がある宿命にある
  4. 子供を産まない人生の設定である
  5. 女性性を受け入れられないため自分で女性としての機能を働かなくさせている

という5つの要因があります。

不妊をスピリチュアルで見た場合、自分はどのパターンに当てはまるのか?
一番心に引っかかったことや気になった項目について少し考えてみると良いでしょう。
どの項目に当てはまっても神はすべての女性に平等の幸せを用意しています。

不妊の悩みを相談できる占い相談

子供ができない、不妊治療を止めるべきか?将来どうやって生きて行けばいいのか?など、誰にも相談できないようなデリケートな悩みを占い師に電話で相談できるサービスをご存じですか?

いつでもどこでも気軽に人気の占い師に相談できるとあって、今非常に人気があるサービスです。

今後の未来を人気の占い師に占って貰いませんか?

詳細はこちら↓

電話占いのやり方と当たる霊視占い

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😘



おすすめの本物の霊能者

本物だからこそ電話で霊視ができます。
霊能者13人はこちら。
>> 無料お試し霊視鑑定&口コミ詳細はこちら


シャーマン

神女先生
口コミ抜粋
「霊視も凄過ぎますが、念送りや祈祷の効果が凄いです」
「先生のご祈祷の後は必ず良い変化があります」
「出世できました」
「的中率100%です。不可能を可能にしてくれる先生です」
「音信不通で絶望的だった彼と復縁できました」

今なら初回最大8,000円分無料!
コロナ禍だからこそリモート霊視!
ピュアリ無料霊視鑑定
初回最大8,000円分無料で鑑定を受けるにはこちら