金環日食とスピリチュアル

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

今日2020年6月21日は二十四節気の第10番目「夏至」になります。太陽が赤道から最も離れ、北半球では昼の時間が最も長くなり、夜が最も短くなります。

梅雨の真っただ中で、田植えも最盛期となります。

夏至をスピリチュアル的に見ると、生命に欠かせない太陽の恩恵を最も多く受け取れる日なので、パワーのあるとても良い日です。

一方、今日2020年6月21日の夕方16時頃~18時頃にかけて、日本全国では部分日食が見られます。西日本ほど大きく欠け、インド北部や台湾などでは金環日食が起こります。

日食をスピリチュアル的に見ると、夏至とは裏腹に、日食は生命に欠かせない太陽の恩恵が隠れる日なので不吉なものとなります。

陰陽道や古くからの日本の伝統では日食は穢れとして考えられてきました。

日食を見ることで穢れが降りかかる為、宮中では日食の日の宮中祭祀は中止され、天皇の御所を蓆(むしろ)で隠し、穢れた光を天皇が浴びることのないようにしていたと言います。

天皇が穢れれば、日本全体に穢れが降りかかると信じられてきました。

日本の広い範囲で起こる日食は、次回は10年後の2030年になります。
新型コロナウイルスにより世界は大きく変わってきていますが、今後10年は更に目まぐるしく時代が変化していきます。

二極化が顕著に現れる中、皆さんもだいぶ感じて来たことと思います。
夏至と金環日食が重なる今日、スピリチュアルではどんな意味があるのか知りたいと思っている方の中には、

「パワーが欲しい!」
「願いを叶えたい!」
「宇宙と繋がりたい!」

このような感情でテンションが上がっている方も多いことと思います。

夏至と金環日食が重なる今日の日の力は、更に人を分けることになるでしょう。

夏至なのに金環日食である今日という日のスピリチュアル的過ごし方は、
普段私達が生きていられる太陽の恩恵のありがたみを感じ、太陽への感謝の気持ちで過ごすと良いでしょう。

高次元宇宙と繋がっているか、低次元宇宙と繋がっているかは、このようなちょっとしたことでも如実に分かります。

「今日という特別な日のパワーを得たい!」
「宇宙のパワーで願いを叶えたい!」と、欲望の思いのまま宇宙と対話するか、

どんな時でも感謝の思いが基本にあって宇宙と対話するか、どちらが高次元宇宙と繋がっているかは言うまでもないことなのかもしれません。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😋


本物の霊視ができる占い師・霊能者7名

本物の電話霊視鑑定です。私が自信をもっておすすめできる方々です。無料お試し鑑定で問題解決しませんか?
>> 無料お試し霊視鑑定 詳細はこちら