いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。このブログを書いていますミライです。
今から10年くらい前から気になり始めたことなのですが、時代の流れによって気のわからない人や思いやりや人情がない人が増えています。

「気」というものがわからなかったり、思いやりや人情がないと、仕事や人間関係だけでなく恋愛も家庭も人生そのものがうまくいかなくなるので、今日はこれについて少し書いてみようと思います。

インターネットの無い時代

デジタルネイティブ

今の30代以上の人は、インターネットの無い時代を過ごしてきたかと思います。インターネットどころか携帯電話もない時代には、友達と電話で話したい時は家の固定電話に電話をしていましたね。後にポケベルが普及するようになりますが、友達や好きな人の家に電話をしても電話を取る人が本人とは限らず、向こうの親や兄弟が電話を取って話すことが普通にありました。

メールも無い時代なので友達が家にいなかった時は、電話に出た親や兄弟に「帰ってきたら電話してくれるように伝えてくれますか?」とか「じゃあ、またかけます」などと、子供ながらに臨機応変に対応してきたことでしょう。

思春期になると男性は女性の家に電話をする時に(お父さんが出たら嫌だな…)とドキドキしながら電話をかけた思い出がある人も多いのではないかと思います。
好きな人が家にいるかどうかもわからない、誰が電話に出るかもわからない、はたまたタイミングによっては自分が家にいない間に3回も4回も好きな人から電話がかかってくることもあったことでしょう。

少なくともインターネットが普及する前の携帯電話がない子供の時代から、目に見えない空気感やドキドキ感を日常的に普通に体験してきたはずです。

他人が何を考えているのか?

他人が何を考えているのか

インターネットが無い時代は他人が何を考えているかなんてさっぱりわかりませんでした。
今のようにブログやSNSも無いので、自分と知り合う人以外が普段どんなことを考えて、どんな感性を持ち、どんなことに共感するかなんて想像すらしていなかったことでしょう。
他人とは未知なる世界そのものだったのです。

そもそも、「共感」という言葉自体インターネットが普及してから頻繁に使われるようになった言葉で、自分と同じ気持ちを持つ多くの人と、それこそ世界中の人と気持ちが繋がることなど、誰も想像すらしていませんでした。

私は幼い頃、友達や他人が普段何を考えているのか?1人1人性格が違うのはわかるけど私が心の中だけで感じたり思っていることと同じようなことを他人は思ったりするのだろうか?この感性や感覚は自分だけのものなのか?他の人はどうなのかが知りたいと思っていました。
友達どころか、この世界中には千差万別十人十色の心や感性があるのに、それがわからないのはなんて不思議で未知なる世界なのだろうと想像が膨らむばかりでした。

インターネットが普及するまでは、1つの映画にしても映画の感想は友達や周りの人と直接話したりテレビや雑誌を見ることでしか他人の感想や感性を知ることはできませんでした。
たった数十人の感覚や感性しか垣間見ることができず、映画の内容に疑問が残っても周りの人と話して「結局わからないよね」と結果が出たならそのまま気にしないで過ごしていた世界です。
それが今じゃいくらでも人其々の感性や捉え方、感情やその背景を思う存分に知ることができるようになりました。

現代はインターネットの普及によって千差万別の他人の感情や心の中が無限に知ることができるようになったのです。

デジタルネイティブの行く末

デジタルネイティブ

デジタルネイティブとは、学生時代からインターネットを利用して育った世代のことです。
インターネットさえあればわからないことはないくらい、便利になりました。
世の中が物凄いスピードで細分化される中、自分のテリトリーを固め過ぎる人が増えています。
それが顕著にあらわれているのがSNSでの承認欲求です。

自分という枠を作り、気が合わない人はスルー、ブロック、興味なし。その上で自分は凄いと思われたい、自分は価値があると思われたい、自分を認めて欲しいなど、自分主体の輪を作ります。
この世界は気を閉ざし、情けを必要としない世界です。

時代や環境によってそうなってしまったのは仕方のないことなので、それはそれでいいでしょう。しかし、気が分からない人や思いやりや人情がない人の行く先は暗く、明らかに境涯の低い魂で今世を去る
ことになります。

気がわかる人と気がわからない人の違い

気がわかる人と気がわからない人の違い

1つ例を挙げるなら、ちょっとわからないことを聞いただけの人がggrks(ググれカス)と言われてしまうことがあります。「そんなこといちいち人に聞かないで自分で勝手にgoogleで調べろバカ!」という意味です。

インターネットの無い時代は「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」として「わからないことは何でも人に聞くこと、わからないままでいることが恥ずかしいことである」とされていましたが、それがいつの間にか「人に聞くことが恥ずかしいこと」のように捉えられがちな時代になっています。

ここで気がわかる人なら、(わからないから聞いているのだろう)(わからないことは何でも自分で調べるという癖のない人なのだな)(この人は他でも人に情弱と思われてしまっているのだろうな)と気使うことが瞬時にできるので、すんなり普通に教えてあげるか、「〇〇で検索するとわかるよ」などと教えてあげることができるのですが、気がわからないし思いやりがない人は相手の気持ちを汲むことはせずに、話すことすら面倒くさいと思い、否定的な感情を抱きます。

見えない礼儀と思いやり

見えない礼儀と思いやり

情報リテラシーの高さが幸せに直結しているのではありません。
インターネットが無い時代は、他人が何を考えているかわからないからこそ、「見えない礼儀」がありました。
社会や秩序を壊さぬようよう適度な距離感と敬意を持ち、人に接していました。
その見えない礼儀の根本にあるのが「人に対する思いやりと人情」です。

ああかもしれない、こうかもしれない、でもわからない、
だから人に情けをかける余裕があったのです。

それが今ではTwitterやSNSなどインターネットの世界において、他人の家に土足で入り込んで、自分の不用品をわざわざ置きに来るような人がいます。
気がわかる人や思いやりのある人であれば、他人の家に土足で入り込んでも、そもそも不用品を持っていないので何のマイナスにもならないのです。

都市伝説の関暁夫さんではありませんが、このまま細分化され、人類が分類・人間選別されていく中で、気が分からないことや思いやりがないことは致命的です。

今後、気の話をしていこうかと思いますので、霊性高く、思いやりの気持ちを大切に生きていきましょう。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします。新しいことが書けます



電話で霊視が当たる!本物の霊能者の無料お試し霊視鑑定がオススメ!

電話で話すだけで霊視ができる霊能者がいます。本当に霊視ができる本物の霊能者です。 相手の気持ち、生き方、恋愛、霊障、生霊、仕事の悩み等、霊視が当たった!の口コミ多数。
>> 霊視が当たる本物の霊能者の霊視鑑定はこちら