当サイトはアドセンス広告とアフィリエイト広告を利用しております。
スポンサーリンク

思想の押し付け合いは争いしか生まれない

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

先日、ワクチンを打つ打たないで人を差別してはいけないと言う記事を書きましたが、ワクチン以外のスピリチュアルでも宗教でも先祖供養でも何でも、自分が信じてる思想を自分以外の人に押し付けるのはよくありません。

「大切な人を救いたい、幸せになって欲しい」「大事な家族にいつまでも健康で長生きして欲しい」と言う思いから、自分が正しいと思っている思想や主義を大事な人に押し付けてしまうのだと思いますが、自分以外の人間は、例え家族であっても、思想や生き方や魂や体質や育った環境等が全く異なる人間です。

人は人其々の魂があり、生き方があり、使命があり、思想があるので、血が繋がっていようとも、どんなに心を許して長年付き合っている仲間であろうとも、思想を貫き通した先にある幸せが自分と同じ幸せとして一致する訳ではありません。

自分が大切にしたいから、同じ世界観だから、同じ釜の飯を喰ったから、同じ時代を歩んで来たからと言って、同じ思想では決して無く、自分が正しいと思っている思想がその人にとっても正しく在るとは限らないのです。

私が、普段スピリチュアルな話を自分からしないのと、スピリチュアルな人が苦手な理由もここにあります。

関連記事: 私はスピリチュアルな人が苦手な、スピリチュアルな人?

命の事や健康の事や先祖供養等、大事な事になればなる程、家族や友達に自分と同じ思想を持って欲しいと願ってしまうものですが、思想の押し付け合いは争いしか生まれず、時には恨みにまで発展する恐れもあります。

自分の思想が必ずしも、誰しもの心に正しく在り続けると言う訳では決して無いので、人の生き方や思想を尊重し、人生の背景を汲み、幸せを願って争う事の無い様にしましょう。

1日1回クリック応援お願いします🍑


ミライおすすめ本物の霊能者10人
本物の霊能者
電話で霊視鑑定。予約受付中。
初回サービスあり☆詳細はこちら
ブログのフォローはこちら
人気ブログランキングでフォロー