いつもブログをご覧頂きありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

先日、やりすぎ都市伝説2021秋スペシャルが放送されましたが、共感する事ばかりでしたね。

やりすぎ都市伝説2021秋スペシャルの関暁夫さんパートの感想を書きたいと思います。

ポールシフトによる天変地異

ポールシフトによる天変地異

今後ポールシフトによる天変地異によって、人間が地球上に住めなくなる日が来ると言います。
ポールシフトとは、地球の地軸が移動して磁場が反転する現象です。

古くから伝わる神話「ヤコブの夢」は、別次元と言う新天地を許され、新たな場所へ移住する事を意味し、人間が今置かれている状況を啓示していると言います。

ヤコブの夢は、寝ている間に別次元から天使が降りて来る様な絵で、以前私は関暁夫さんの都市伝説のYouTubeの考察で、ヤコブの夢とは夢の中で神と繋がっている事や、意識の世界の中で神が迎えに来る事を説明しているのだと思うと書きました。

関連記事: 関暁夫さんの都市伝説 ヤコブの夢の意味とポールシフトについて

新天地への移住は、神と繋がる意識によって、研究者や技術者に具体的な方法が示されているのだと思います。

関連記事: 神的役割を果たす高度知的生命体によって脳や潜在意識は管理されている

宇宙空間への移住とメタバース

宇宙空間への移住とメタバース

ポールシフトによる異常気象や火山の噴火や大地震の発生等の天変地異を迎える中で、Amazon創設者のジェフベゾス氏は、人類の宇宙進出の為の宇宙開発事業を進めていると言い、又、Facebook創設者のマークザッカーバーグ氏は、バーチャルリアリティ(VR=仮想現実)より進化したメタバース、仮想空間における別次元を創ろうとしていると言います。

私がこのブログでよく「人間はいずれ肉体を捨てる」と言っているのは自分のチャネリングで分かった人間の遠い未来ですが、実際にマークザッカーバーグ氏の事業で別の次元へ移動して生きる手段を作っていると言う話を聞くと、思っていた事がいよいよ現実的になって来たのかなと思います。

ムーンショット計画もそうですが、人間が肉体を捨てた世界で生きる事は何もオカルトとかトンデモの話ではなく、人間が最新の技術を持って幸せを求めた自然な成り行きであり、いつまで安全に住めるか分からないこの地球にいる人類が生き残る為に、実際に人間が肉体を捨てて生き残る準備は始まっているのです。

関連記事: 反重力生命体で時空を超える | この宇宙も高度知的生命体が作った

関連記事: やりすぎ都市伝説2021春SPの神様と宇宙人と未来の話に関する共通点

関連記事: ムーンショット目標とは?スピリチュアルや陰謀論じゃない未来の話

ホログラフィック宇宙論

ホログラフィック宇宙論

また、やりすぎ都市伝説では世界的理論物理学者 ベッケンシュタインが提唱するホログラフィック宇宙論について語られていました。
ホログラフィック宇宙論とは「宇宙は全てホログラム(3D立体映像)であり、この現実世界は脳の錯覚・幻である」と言う考え方です。

以前から私はこのブログで何度も「超高度地球外知的生命体によってこの宇宙や人間が作られた」と書いておりますが、やりすぎ都市伝説でもついに、この世界が何者かによって作られた世界である事を語り始めました。

関連記事: 神とは超高度知的生命体。姿形の無いコンピューターシステムのようなもの

関連記事: 神的役割を果たす高度知的生命体によって脳や潜在意識は管理されている

関連記事: クババの祭壇は非実在性と観察者効果によって時空を超えて出現した

オックスフォード大学のニックボストロム氏が提唱する、この現実世界が何者かによって作られたと言うシュミレーション仮説の「何者か」とは、何度も私がブログで書いております通り、地球外知的生命体です。

やりすぎ都市伝説では、いずれ人間は肉体を捨てて意識をデータ化しメタバースへと移住するか、それを選ばなかった人間は既存の肉体を持ちながら強制的に細胞を進化させて、別次元へと移住する事になると言います。

以前のやりすぎ都市伝説で、トルコのカッパドキアの地下都市が取り上げられましたが、宇宙空間への移住も、メタバースへの移動も選ばなかった人間は、地下都市を形成して生活する様になるのかもしれませんね。

縄文遺跡に見る未来の姿

そして舞台は長野県になりますが、長野県は私の大好きな場所であり、今のブログでは書いていませんが、前のブログからの読者さんは私がどれだけ長野県で車中泊旅行して来たかをご存じかと思います。北信、中信、東信、南信と隅から隅まで行きました。

長野県で神話とか古くからのパワースポットと聞くと戸隠を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、前ブログでも散々書いて来ましたが、長野県で気の良い場所は他の土地にあり、神秘と感動に満ち溢れた場所が多くあるのです。

私個人的には浅間山や分杭峠付近と、遠山郷、木曾等が好きです。

関連記事: 夏休み2019「浅間山」と「分杭峠」

関連記事: 計87GBのSDカードに入った大量のパワースポットと自然の写真

関連記事: 長野県の霊視鑑定、本物の霊能者、スピリチュアルパワースポット

やりすぎ都市伝説でべた褒めしていた八ヶ岳エリアや、3,000M級の山々の気に関する内容もこれまで私は散々前ブログで書いて来ました。
今回紹介された茅野市の尖石縄文考古館や諏訪市富士見町の井戸尻考古館にも「その当時こう言う人が居た」と言う目線で何年も前に見に行っています。

長野県以外でも、縄文遺跡と聞けばトーハクを初めこれまで様々な土地の博物館や公園等へ見に行きましたが、やはり私はプロフィールで書いております様に、古代エジプト遺跡には興味が尽きないです。

縄文遺跡は縄文のビーナスにしろ仮面の女神にしろ神像筒型土器にしろどれも非常に面白いのですが、古代エジプトの遺跡は頭が鷹の天空の神、頭が犬の冥界の神、昆虫の姿に変わってしまった人間、頭が羊で体が四角い人間、死後も永遠に生き続ける心臓を入れる壺、死者を復活させる呪文、死の審判の様子、UFOの様な乗り物を操縦するレリーフ等、遺跡と共に当時の具体的な伝承が残されていて、非常に面白いです。

以前行った古代エジプト展が写真撮影OKでスマホで沢山写真を撮って来たので、今度記事にして見ても良いかなと思います。

関連記事: ピラミッドの霊視 ピラミッドパワーの真実は半重力で天と繋がっていた?

関連記事: 木内鶴彦さんの臨死体験 |時空を超えて過去や未来を見て来た話

縄文遺跡にある様々な人型をした土器の姿が、既存の肉体の細胞を進化させた別次元の姿なら、日本最強霊能者の宜保愛子さんの霊視の「古代エジプトには超能力者が動物の力を使っていた」と言うこの超能力者は人間と宇宙人とのハイブリッド、今の言葉で言う所のヒューメイリアンで、古代エジプトの神々は宇宙と融合して進化した人間の姿だと思います。

以前から書いていますが、古代エジプトの神々も、実際にああ言う姿の人が居たのです。
関暁夫さんも同じ事を仰っていましたが、想像とか空想上の物を、後世に永遠に遺そうとする訳がありません。当時の実際の生活を描いて後世に遺したのです。

少し長くなったので、続きは次回書きたいと思います。

↓1日1回タップして応援してネ🤗


電話で霊視が当たる
本物の霊能者ランキング!
霊視が当たるおすすめの本物の霊能者10名です。
電話で霊視が当たる、本物の霊視鑑定ランキング
リモート霊視鑑定
電話で霊視・占い・スピリチュアル鑑定!
1分240円(税込)~
どんな悩みごとでも相談OK!
初回最大8,000円分無料
人生相談・恋愛相談・仕事の悩み・人間関係・故人との対話・亡くなった人の気持ち・先祖の霊障・家系の悩み・生霊・守護霊鑑定・未来予知・祈願祈祷・縁結び・縁切り・出会い・相手の気持ち・結婚・離婚・夫婦の悩み・不妊・性の悩み・不倫・浮気・復縁・天職・転職・経営相談・ビジネスチャンス・心の悩み・ペットの気持ち・ペットロス・ペット霊視・引越し・方位・開運指導・金運・同性愛・孤独など
無料会員数17万人超えの業界大手
リモート霊視鑑定


相談の仕方や料金など詳細はこちら

今すぐ相談する方はこちら