UFO記念日

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

昨日ふと暦を見たら6月24日は「UFO記念日」でした。UFO記念日なんてあるのを知らなかったのですが、ちょうど地球外知的生命体(宇宙人)に関する記事を更新した日でした。シンプル過ぎたTOPページに大きくその記事を載せた日でもありました。
UFO記念日だったならUFO記念日に関する記事を書きたかったのに!と思ったのですが、そうではなくて、地球外知的生命体(宇宙人)に関する珍しい記事を私が書いたのも、宇宙の意思に合っているというシンクロニシティだと思いました。

UFO記念日とは1947年の6月24日にアメリカで初めてUFOが目撃された日で、ケネス・アーノルドというアメリカの実業家が飛行機に乗っていた際に時速2700kmで急降下や急上昇している9機の空飛ぶ円盤(flying saucer)を見た日で、これが全米で報道されると同様の目撃証言が相次いだという日です。

私が初めてUFOを見たのは午前中の明るい時で捉えどころのないような感じで非常にキラキラ光る物体でした。

関連記事: 私が初めてUFO 未確認飛行物体を見たときの話

テレビ番組でUFOの映像が流れているのを見たことがある方も多いと思いますが、UFOじゃなくて飛行機の光だったり、点滅するライトを装着したドローンを飛ばしてUFOに見せかけていたり、CGで作られた映像やただの風船だったりと、フェイク映像が多いですが、中には本物のUFOの映像も埋もれています。

フェイク映像のファンタジーはバラエティの娯楽として、これまで全くUFOや宇宙人の存在を信じていなかった人が少しでも興味を持ったり楽しんでくれるという面では良いと思いますが、オカルト好きな人の中にはすべての映像を本気で信じている方もいることでしょう。

恐怖体験映像や心霊写真、UFOの目撃映像やUMA・ビッグフット、天使・妖精などの映像・写真などは、日本の視聴者にウケるネタなので海外のクリエイターが積極的に提供しているということがあります。

本物のUFOの映像を見て「嘘」だとか「いまいち信じ切れない」と思うのは仕方のないことですが、地球外知的生命体(宇宙人)の存在を否定するというのはもうやめたほうがいいでしょう。

本物かどうかについて議論するには勿論良いことなのですが、宇宙人の存在そのものを侮辱するのはやめたほうがいいです。

そう言えばこちらの記事にも書きましたが、霊視鑑定を再開された霊感芸人のパシンペロンはやぶさゆかさんも昔「UFOなんかいるはずがない!」とバカにした瞬間、突然全身が締め付けられるような痛みに襲われて「痛みをといてくれるならバカにしない!」と思ったと同時に痛みから解放され、UFOがスーッと山の方へ飛んで消えていくのを見たと言います。

関連記事: パシンペロンはやぶさゆかの霊視鑑定が再開!料金や予約は?

こんなにわかりやすい例でなくても、霊感のない人にとってもこのようなことは起こりうるので気をつけましょう。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😘



電話で霊視ができる本物の霊能者

仕事、霊障、人生、恋愛、将来の悩みを電話で霊視して貰いませんか?利用者数20万人以上。コロナ過でリモート相談急増中!
>> 無料お試し霊視鑑定&口コミ詳細はこちら


ミライのチャネリングメール鑑定

メールでチャネリング鑑定と気的風水鑑定を行っています。
詳細はこちらです。
ミライのチャネリングメール鑑定


シャーマン

神女先生
口コミ抜粋
「友人から聞いて相談したのですが、これが本物だと感動しました」
「先生のご祈祷の後は必ず良い変化があります」
「出世できました」
「先生の念送りの効果は抜群!」
「絶対復縁しない彼と復縁できました」

今なら初回最大8,000円分無料!
コロナ禍だからこそリモート霊視!
ピュアリ無料霊視鑑定
初回最大8,000円分無料で鑑定を受けるにはこちら