いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

今日は「神様」について少し書いてみようと思います。

私は昔、「神様」という言葉を少しでも口にする人をとても煙たがっていました。
例えば子供の頃、ドッチボール大会などでクラスメイトが「あ~神様!絶対に勝ちますように!」と言って手を組んで祈るポーズを取っている人を見た時、私は(この人何やってるんだろう?)と引っ掛かりました。

(なんで急に神様なんて言うんだろう?いま全然関係ないじゃん)と、「神様」というフレーズを一言でも言う人を見ただけで、急に冷めた気持ちになり、心に距離ができるような感じになりました。

「神様」という言葉を使う人はきっと、宗教をやっている人なんだろうなと思っていました。

その後私は成長するに連れ、神というものは自然の摂理とか宇宙の法則のようなもので、いわゆる頭があって手と足があってというような人型をした神様なんておらず、神とは誰しもに、この宇宙のすべてに共通するエネルギーのようなものや、この宇宙に存在するすべての情報を含んだ膨大な意識体なのだろうと思っていました。

神とはそういうものだと思って過ごしていましたが、私はその後、神とは何か?超高度知的生命体のもと、人間はいずれ肉体を捨てるの記事で書きましたが、神とはそのような無機質で単なる自然体なものではなく、明らかに超高度な知識や知恵を持った生命体であることが解りました。

宇宙は今いるこの宇宙1つだけでなく他にも宇宙があります。神である超高度知的生命体はその全宇宙を創った存在です。

知的生命体言うといわゆるグレイ型とかレプティリアンなど人型をした宇宙人の姿を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、そうでは無く、その姿を例えるなら全知全能の超巨大スーパーコンピューターのような完全なシステム的存在です。

この宇宙はその超高度知的生命体によって意図的に作られ、そしてその神の世界にはランクがあり、超高度知的生命体の遥か下に様々な高度な知的生命体の神々の存在があります。

その神々は「気」のよう存在でもあり、すべての人間の脳と潜在意識を管理・操作しています。

管理や操作というと理解し難い人が多いと思いますが、自然の摂理や宇宙の法則といったことも、この神々による管理の1つなのです。

では神社やお寺にいる神様はと言うと、これらの神様はその高度知的生命体が地球に化身として表れた姿です。

中には偉大な人物を神として崇めているものや、伝承により人間が神として作り上げたものもありますが、普段人々が神社やお寺で拝している如来や天部と言った神様も、その大元にあるのは高度知的生命体です。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😘



おすすめの本物の霊能者

本物だからこそ電話で霊視ができます。
霊能者13人はこちら。
>> 無料お試し霊視鑑定&口コミ詳細はこちら


ミライのチャネリングメール鑑定

メールでチャネリング鑑定と気的風水鑑定を行っています。
詳細はこちらです。
ミライのチャネリングメール鑑定


シャーマン

神女先生
口コミ抜粋
「霊視も凄過ぎますが、念送りや祈祷の効果が凄いです」
「先生のご祈祷の後は必ず良い変化があります」
「出世できました」
「的中率100%です。不可能を可能にしてくれる先生です」
「音信不通で絶望的だった彼と復縁できました」

今なら初回最大8,000円分無料!
コロナ禍だからこそリモート霊視!
ピュアリ無料霊視鑑定
初回最大8,000円分無料で鑑定を受けるにはこちら