自分や身内に起こる不幸が先祖の因縁なのではないかと思ったことはありませんか?
先祖代々呪われてるのか?末代まで祟られているのか?

先祖の因縁を断ち切る方法についてお話します。

先祖の因縁とは

先祖の因縁

因縁とはある関係が原因を作っているという意味で、先祖の因縁とは物事の原因が先祖が関係しているということです。

先祖の因縁なんてあるのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、先祖の因縁はあります。
先祖の因縁が起こる例としてあげられるのは、

  • 男家系に不幸が起こる(病気や事故などの災いや不運)
  • 女家系に不幸が起こる(病気や事故などの災いや不運)
  • 男家系が短命
  • 女家系が短命
  • 流産・死産・不妊で子供が生まれない
  • 結婚できない・結婚しても離婚する・結婚詐欺に遭う
  • 霊障が多発する

このような事象が起きている場合、先祖の因縁を疑ってもいいでしょう。

先祖の因縁を断ち切る方法

先祖の因縁を断ち切る方法

先祖の因縁を断ち切るには、まず起きている事象が先祖の因縁であるかどうかを見極めなければなりません。
今起きている不幸が本当に先祖の因縁によるものなのか?原因となっている霊を特定しなければ先祖の因縁を断ち切ることはできません。

先祖の因縁を断ち切るには、この世で人間が人との縁を切る時のように縁を切りたい相手の連絡先を削除したり、メールや電話の返信を無視し続けるようなそんな簡単なことでは先祖の因縁を断ち切ることはできません。

先祖の因縁は、この世の縁のようにこちらの都合で簡単に断ち切るものではありません。

先祖に関する霊障

先祖に関する霊障

先祖の因縁を断ち切るには、霊の特定をする必要があります。

先祖が末裔まで代々祟るには、先祖の霊が強い悲しみや苦しみ、恨みや憎しみといった強い念を持っているか、若しくは先祖の霊に関係する霊がその先祖に対して強い怨みや憎しみや悲しみなどの怨念を持っているということです。

その非常に強い念を持つ霊の特定をしなければなりません。

先祖の因縁となっている霊を知るには、実際に起きている事象や霊障を観察することで、ある程度見えてきます。

先祖の因縁で結婚できないのであれば、恋愛・結婚、出産に関することで強い怨みや悲しみを持った霊がいるということです。
好きな人と結ばれないように、子孫が繁栄しないように、辛い別れを経験させるように、幸せな暮らしができないようにさせる霊がいるということです。

自分の先祖が生前、強い怨みや憎しみ、悲しみや苦しみを持っていなかったかどうか?
若しくは、自分の先祖が生前誰かに強く恨まれたり悲しまれたりはしなかったかどうか?

この2つを確認しましょう。

先祖の因縁を解消するには

先祖の因縁を解消するには

先祖の因縁を断ち切るには、先祖の因縁となっている霊を特定し、浄霊させなければなりません。
浄霊は本物の霊能者にお願いしましょう。

以下の本物の霊能者にまずは相談してみましょう。霊障を起こす因縁の原因を霊視で教えてくれ、対処法を本物の霊能者が答えてくれます。

クリック応援よろしくお願いします
 ↓↓ m(_ _)m ↓↓ 
 


最強の霊能者 TOP5はこちら