七代祟るの意味 | 猫を殺すと7代祟る・火元は7代祟る・坊主だませば7代祟る

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

昔から言い伝えられている諺(ことわざ)に、「~7代祟る」という言葉があります。

「猫を殺すと7代祟る」の意味は、猫が犬に比べて記憶力が良く、物事を長く覚えていられることから猫は執念深い生き物と言われ、猫を殺すと執念深く祟られるという意味です。

「火元は7代祟る」の意味は、火事の火元の家は周囲の多くの人から恨まれる為、長く恨まれるという意味です。

「坊主だませば7代祟る」の意味は、仏教で修行を積んだ僧侶のように、徳の高い人を騙す罪は重く、長く祟られるという意味です。

「猫を殺すと7代祟る」と「火元は7代祟る」は、いかに恨みや念が人々に強い影響をもたらすのかを言い表しています。

関連記事: 呪いは本当にあるのか?強力な呪いのかけ方について

「坊主だませば7代祟る」は、徳の高い人を騙すことは、息抜きせずに井戸を埋めたり、切ってはいけない木を切ったりした時の祟り(神罰)に近い意味を表すものです。

関連記事: 呪われてるか確認する方法「指相識別の秘法」

先祖代々不幸が続く家にいる人は、お祓いや供養をすると良いでしょう。

本物の霊能者ランキング!
おすすめの本物の霊能者10名はこちらです。 電話で霊視が当たる、本物の霊視鑑定ランキング

悩みを占い師に相談してみませんか?
霊視・未来予知・人生の選択・恋愛相談・仕事の悩み・人間関係・相手の気持ち・守護霊鑑定・故人との対話・亡くなった人の気持ち・亡くなったペットの気持ちの霊視・先祖の霊障・家系の悩み・生霊・祈願祈祷・縁結び・縁切り・結婚・離婚・不妊・不倫・性の悩み・浮気・復縁・経営相談・ビジネスチャンス・心の悩み・方位・金運など
1分240円(税込)~いつでもどこでも電話で霊視占いします。
リモート霊視鑑定

無料霊視相談

電話占い相談の詳しい話はこちら

↓1日1回のクリック応援お願いします😊