たつき諒 私が見た未来 完全版「次の大災難は2025年7月」と予言

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

昔から多くの予知夢を当てて来たと言うたつき諒さんが今から22年前に出版した漫画、私が見た未来の表紙に「大災害は2011年3月」と描かれていた事から、関暁夫さんの都市伝説を皮切りに、たつき諒さんの私が見た未来が大きく注目され、絶版となっていた私が見た未来は15万円の高値が付く程注目を浴びていました。

この度、新しい予言を含めた私が見た未来 完全版が再販されましたので、少し感想を書きたいと思います。

ネタバレになってしまうので重要なポイントだけ話しますと、富士山の噴火は起こらない事、噴火したとしても大噴火ではなく少しだけ。

そして大事なのが2025年の7月に大災難がやって来る事。日本とフィリピンの中間辺りの海底が破裂し、東日本大震災の3倍位の津波が来ると言います。
南海トラフ地震の想定を遥かに超える大津波が日本の太平洋側を襲う映像が見えたそうで、大切なのは準備して行動する事なのだと言います。

もう日本は海沿いには住まない方がいいです。これだけ地震大国で3.11の経験もして、川の氾濫や土砂崩れ等の災害が日本各地で発生しているのですから、海の近くや川の近く、台風や集中豪雨によって土砂崩れが起きる可能性のある土地には初めから住まない方がいいです。

中々引っ越しなんて出来ないし、今住んでる土地で骨を埋めるつもりでいるなら構いませんが、引っ越せるなら当然引っ越した方がいいです。今日明日、来年再来年大丈夫でも、生涯災害に遭わずに大丈夫だったとしても、少しでも大災害に巻き込まれる可能性があるならそこに住まないに越した事はありません。

東京も同じです。以前も書きましたが、東京にはもう住まない方がいいです。

関連記事: 憧れの大都会東京は今も輝いてますか?東京にいる意味を考えている方へ

これも前から思ってる事で、東京に骨を埋めるつもりで住んでいるなら構いませんが、地方から出て来て、ましてや家族が地方に居るなら家族と一緒に住んだ方が良いですし、家族の近くに住むべきです。

お金やステータスでは無く、家族を何よりも大事にしましょう。

このコロナ禍によって働き方や世の中のスタイルも大分変わりました。これからやって来る未知なるウイルスや大災害に備えて、今一度居住地や生き方について考え直すと良いでしょう。

↓1日1回タップして応援してネ🤗


電話で霊視が当たる
本物の霊能者ランキング!
霊視が当たるおすすめの本物の霊能者10名です。
電話で霊視が当たる、本物の霊視鑑定ランキング
リモート霊視鑑定
電話で霊視・占い・スピリチュアル鑑定!
1分240円(税込)~
どんな悩みごとでも相談OK!
初回最大8,000円分無料
人生相談・恋愛相談・仕事の悩み・人間関係・故人との対話・亡くなった人の気持ち・先祖の霊障・家系の悩み・生霊・守護霊鑑定・未来予知・祈願祈祷・縁結び・縁切り・出会い・相手の気持ち・結婚・離婚・夫婦の悩み・不妊・性の悩み・不倫・浮気・復縁・天職・転職・経営相談・ビジネスチャンス・心の悩み・ペットの気持ち・ペットロス・ペット霊視・引越し・方位・開運指導・金運・同性愛・孤独など
無料会員数17万人超えの業界大手
リモート霊視鑑定


相談の仕方や料金など詳細はこちら

今すぐ相談する方はこちら