死んだペットの夢の意味

可愛がっていたペットが死んでから、死んだペットが夢に出てくることはありませんか?何か飼い主に訴えたいことがあるのか?あの世で苦しんではいないか?死んだペットが夢に出てくる意味は何か?
今日は、死んだペットの夢の意味を霊的に解説したいと思います。

死んだペットの夢の意味

人が見る夢には「情報処理の夢」と「身体的な夢」と「霊的な夢」の3つの種類があります。情報処理の夢とは、その日にあった出来事や見たものの印象が強かった記憶を睡眠中に整理する夢で、身体的な夢とは、トイレにいきたいと思いながら寝るとおしっこをする夢を見るなど実際の身体的な症状が夢の中に表れるもので、霊的な夢とは予知夢や霊界と繋がる夢などを言います。

この内、死んだペットの夢は霊界と繋がる霊的な夢に分類されます。一見、死んだペットに会いたいという強い気持ちが夢に出る情報処理の夢と思われがちですが、必ずしもそうではありません。なぜなら、あなたとペットの間には単なる情報を超えた霊的な強い繋がりがあるからです。

死んだペットと一緒にいる夢

死んだペットと遊ぶ夢、一緒に散歩する夢、じゃれてくる夢、抱きしめる夢など、明るい・愛に溢れた夢は、死んだペットと霊界で繋がっていることを意味します。
死んだペットが夢を通して会いに来てくれたと思って良いでしょう。

魂は永遠です。あなたの目の前には可愛がっていたペットちゃんの姿はないかもしれませんが、
死んだペットの魂はあなたに、

「いつも側にいるよ」
「ずっと大好きだよ」
「また遊ぼうね」

と、メッセージを送っているのです。

これはペットに限らず、亡くなった人の夢も同様です。亡くなった人やペットが夢に出てきたときは、単なる感情や意識の表れと捉えず、霊界からの愛のメッセージを受け取りましょう。

死んだペットが生き返る夢

死んだペットが生き返る夢は、「消えてなんかないよ、今も変わらず魂は生きているよ。」というペットからのメッセージを意味しています。
「離ればなれになんかなってない、悲しまないで。今も魂は生きているんだよ。」というメッセージを伝えたいために、生き返る夢を見させたのです。
これは、再び生き返ることでしかあなたが死んだペットの魂が生きていることを信じないからです。

ペットは姿を消しても、魂は消えていないのです。魂に終わりはありません。また、愛も永遠なのです。

ペットは夢で愛しか伝えない

死んだペットの夢

夢占いで死んだペットが夢に出てくる場合、夢の中でペットが悲しい顔をしている場合は、飼い主に警告や注意を促しているとか心配している意味であると言われていますが、先ず、死んだペットが夢の中で飼い主に警告や心配や注意をすることはありません。

死んだペットが夢に出てくる場合、ペットは飼い主に愛しか伝えません。

生前、ペットが飼い主にいつでもどこでも愛しか伝えて来なかったように、ペットは死んでも尚、飼い主に愛しか伝えません。あの世に行ったからと言って突如上から目線で警告や注意などはしてこないのです。飼い主に対する愛情や、愛から得られる気づきしか、ペットは夢で伝えません。

夢の中でペットがインスピレーションでメッセージを伝えてくることもあるでしょう。しかし、その言葉は生前のペットと同様、簡単で単純で深い愛に溢れたメッセージでしょう。

死んだペットが夢で飼い主に悪いメッセージなどしてこないということを覚えておきましょう。
ペットはいつだって変わりません。生まれた時から死んでも尚、ペットが飼い主に対する思いは変わらないのです。いつだっておかしな情報や理屈で惑わされてしまう人間とは愛の深さが違うのです。

ペットは死んでも尚、飼い主に様々な愛と気づきのメッセージを送ってくれています。

死んだペットが夢に出てきたとき、ペットからの愛を受け取り、目に見えない魂の存在を信じ、その見えない魂に愛情を返す、この気持ちが大事です。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😘



霊視が当たる占い師・霊能者7名

本物の電話霊視鑑定です。私が自信をもっておすすめできる方々です。無料お試し鑑定で問題解決しませんか?
>> 無料お試し霊視鑑定 詳細はこちら