霊視と占いの違い

霊視と占いは全く違います。

霊視は特殊な意識だけで行われるものであるのに対し、占いは名前や生年月日などから導き出した統計学に基づいて行われるものです。

もしくは、八卦のようにある瞬間の形や質を基に、意味を持たせるものです。

例えば、未来の運勢バイオリズムは占いで、未来予知は霊視となります。

また占いは、勉強すれば誰でも取得できる術ですが、霊視は生まれつき特殊な能力や強い霊感を持っているか、遺伝、落雷の被害に遭う、臨死体験で生死を彷徨う経験をした人、又はロシアの特殊能力訓練所のようなカリキュラムで日々訓練した人でない限り得ることのできない能力です。

霊視と占いどっちが当たる?

霊視と占いでは霊視のほうが当たります。占いが全体的な統計学であるのに対し、霊視はリアルタイムな霊的事実のホログラムであるので、占いより霊視の方が現実性が増します。(※但し本物の霊能者に限る)

霊視と占いは違いますが、霊能者が霊視の精度を高めるための道具、または手法として霊視や透視の他に占いを併用することがあります。

関連記事:本物の霊能者の特徴 この8つの特徴を知ればあなたは騙されない!


電話で霊視ができる霊能者が一番凄い!本物の霊能者TOP5


クリック応援よろしくお願いします
 ↓↓ m(_ _)m ↓↓