霊視が当たると有名な霊能者の霊視鑑定を受けたら霊能者に「見えにくい」と言われて霊視してもらえなかった人はいませんか?
霊視で見えにくい人はいるのか?そんなお話をしたいと思います。

霊視で見えにくい人

霊視で見えにくい人

霊視で見えやすい人・見えにくい人がいるということについては、そもそも本物の霊能者の霊視鑑定を受けていることが前提ですが、どんなに霊視が当たると言われている本物の霊能者でも相談者によっては霊視で見えにくい人がいます。

霊視で見えにくい人のタイプは以下の3通りです。

  1. 相談者に憑いている怨霊が霊視の邪魔をしている
  2. 守護霊が霊的侵入から守っている
  3. 法術がかけられている

では順を追ってご説明しましょう。

霊障がひどい

怨霊・悪霊・祟りなど霊障が酷過ぎる場合、真実を見させないために霊視の邪魔をすることはよくあります。誤った判断をさせたり、霊のアピール(霊障)が大きくて過去・現在・未来などが見えにくい人がいます。

霊能者に「見えにくい」と言われた場合、その言葉の裏にこのような影響を含んでいる場合があります。

霊能者に「霊視が見えにくい」と言われた人の多くが、霊障によるものであります。

霊的成長のタイミング

霊視で見えにくいのは霊障によるものだけではありません。守護霊的存在があなたの霊的成長のために霊能者に多くを語らせなかったり、あなたを霊的侵入から守るために霊能者の霊視によるアプローチを遮断させることがあります。

しかしこれは先ほどの霊障で見えにくい人ほど多くはありません。

法術で霊視させないようにしている

霊視ができる本物の気功師などは法術という術を使って、自分の情報を他人に霊視させないようにすることができます。

気功師が自分で自分に法術をかけると、どんな霊能者でも霊視できなくなります。

霊視で見えにくいと言われたら

霊能者に霊視で見えにくいと言われたら、今はまだ霊視のタイミングではないと考え、日を改めて霊視して貰うことにしましょう。

冒頭でも述べた通り、本物の霊能者ということが前提の話ですが、霊視で見えにくい人にはこのような3つのタイプがありますので、今は霊視よりもするべき対処があるのだということを知りましょう。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😋


本物の霊視ができる占い師・霊能者7名

本物の電話霊視鑑定です。私が自信をもっておすすめできる方々です。無料お試し鑑定で問題解決しませんか?
>> 無料お試し霊視鑑定 詳細はこちら