スピリチュアル性を高めることが望まれるこの時代、誰もが偽物の霊能者の特徴が分かり、本物の霊能者と偽物の霊能者の見分けがつくことが望まれていると言っても過言ではないでしょう。
本物の霊能者の特徴や、本物の霊能者と偽物の霊能者の見分け方については以前書きましたが、非常に多くの人が偽物の霊能者を本物の霊能者と信じてしまっているとある特徴がありますのでお話ししたいと思います。

関連記事: 本物の霊能者の特徴 この8つの特徴を知ればあなたは騙されない!
関連記事: 本物の霊能者と偽物の霊能者の見分け方 | 9つのチェックリスト

霊視ができると勘違いしている霊能者

嘘 スピリチュアリスト

偽物の霊能者の多くがただの憑依体質です。「霊が見える」「霊の存在がわかる」というただの憑依体質による現象を霊視と自ら勘違いし、自分は霊視ができる霊能者であると勘違いしています。

霊視の見え方と霊視の見方の基本の記事でも書きましたが、霊視の見え方は「脳裏に浮かぶ」、又は、「見えるのではなくわかる」という形で視えます。
時に肉眼で見える場合もありますが、常に肉眼で霊が見える人の100%はいわゆる憑依体質で、自分に取り憑いている低級霊よって霊を見させられています。

霊が取り憑いているという時点で、守りが非常に弱い人間なのです。

目をキョロキョロさせて「あそこに霊がいる」「ここに霊がいる」などと肉眼で霊を見ることは憑依の一種です。霊が肉眼で見えること自体、境涯レベルが低いことであり、それが常であることは神ではなく霊の世界にいる非常に程度の低い話なのです。

嘘ではなく本当に肉眼でここに霊がいるだの何だのと言っている霊能者は本当の霊視ができない偽物の霊能者です。寿命も短いです。
「気を鍛えているから平気」などという嘘は通じません。気が弱いから霊を見てしまうのです。

そのような霊能者は漏れなく病気がちで自分なりの一時的な対処法によって乗り越えても、その生き方そのものが明らかに自分自身の生命力を失わせている生き方です。

前者なら、偽物の霊能者も自分なりに低レベルな努力しているからまだ可愛いものの、憑依体質でないのに「あそこに霊がいる」「ここに霊がいる」などと言っている霊能者は悪質極まりない確信犯です。

この確信犯が最も多く潜んでいるのはスピリチュアル分野で独立開業している女性です。自分でも全く気付かずに善意と思って行動しているので誰も注意できず、両者共夢の世界なのです。レベルの低いスピリチュアル性を神だとか天使に準えて、誤った知識で「自分は世の為人の為に尽くしている」という意識があります。
特に数的に多いのが〇〇ブロにいるスピリチュアリストです。いいね数や読者数の数によって瞬時に大衆が騙されています。

スピリチュアルサロン、ヒーリングサロン、占いサロンなど表向きはスピリチュアルや自己啓発を謳って癒しや成功を求めるお客さんを集めていますが、実際は、レベルの低い知識で真実に触れる部分はあやふやにやっている霊能者やスピリチュアリストの思想なのです。

これらの程度の低いスピリチュアルや癒しに騙されるのは、スピリチュアルに疎い男性や、恋愛体質の女性・何事にも生真面目な男性に多いです。

霊視ができない偽物の霊能者や、知的レベルの低いスピリチュアリストに騙されないようにしましょう。

クリック応援よろしくお願いします
 ↓↓ m(_ _)m ↓↓ 
 


最強の霊能者 TOP5はこちら