飼っているペットの夢の意味

飼っているペットが夢に出てきた時、夢占いの意味ではなく、ペットからの何か大切なメッセージがあるのではないか?と思ったことはありませんか?

「ペットが夢に出てきたのはいいけど、夢の中で悲しそうな顔をしていたのが気になる…」
「言葉が通じないペットは夢で何かを大切なことを伝えたがっているに違いない…」
「私が見たペットの夢の意味は、夢占いには当てはまらないと思う…」

そんなペットの夢の意味に関するご相談です。

ペットの夢の意味

ペットの夢には、普段ペットに接している様子や思いが夢に反映した、印象・情報処理的な夢と、睡眠中の意識の世界を通してペットが飼い主にメッセージを伝える霊的な夢の二通りがあります。

夢占いとは、夢に出てきたシンボルを心理的に解説したもので、夢には単なる象徴を超えた直接的な意味があります。

特に犬や猫などのペットは、飼い主に言葉や文章で思いを伝えられないがゆえのメッセージの伝達手段として、夢が利用されます。
利用されると言ってもペットが意識的に夢に出てきているのではなく、ペットの「思い」や「感情」が夢の意識空間を利用して反映されているものです。

ペットの犬の夢の意味を教えて

男性の方からのご相談

私は子供の頃に犬を飼っていました。幼稚園に通っていた時はまだ子犬でしたがとても私に懐いてくれていて、一人っこの私はペットの犬のことを兄弟のような感覚で接していました。

小学校になり友達ができてからはあまりその子犬とは遊ぶ機会が減ってしまいましたが、それでも私の中では可愛がっているつもりでいました。

中学校に入る頃には飼っていた犬もだんだんと老犬に近くなり、以前よりも街中をたくさん散歩することが減ってきて、家の中にある犬小屋にいることが多くなりました。

僕は少しその状態を心配していました。そんな時に夢で表れたのは、私が幼い子供の頃に一緒に遊んでいた同じく幼い子犬のときの犬でした。
そんな夢をたびたび見るようになり、私はいままで挨拶程度だった犬に対して、また子供の頃のように散歩をするようになりました。

犬はもう年老いていましたが、私がリードをつけると何となく嬉しそうについてきてくれました。

最近は散歩もあまりしないと聞いていたのですが、私が散歩をすると1時間も散歩をしてくれるので、私は何か特別な感情を持つようになりました。

実はその犬は寿命に加えて病気があり、もう長くないと動物病院に言われたそうで、私と散歩するようになってからは病気が改善して元気になりました。

あの時、夢にペットの犬が数回出てきたのは、私と一緒に散歩をしたいという気持ちを伝えてきたのでしょうか?
散歩をするようになってから犬の体調が良くなりました。


ペットからのメッセージ

ミライミライ

ソレデハ カンテイスルヨ

ペットの夢を見た意味、それも今の老犬姿ではなく子犬の頃の夢を見た意味は、ペットのワンちゃんが相談者様と一緒に昔のように散歩がしたいという想いのメッセージです。

あの頃のように接して欲しい、というワンちゃんの切なる願いが、そのままストレートに夢の映像となって表れたものです。

散歩をするようになってから病気が改善されたとのことですが、心と体が繋がっているのは人間だけではありません。動物の心も体と繋がっています。再び可愛がって貰えることで、ワンちゃんは体調を取り戻すことができました。

ワンちゃんはあなたと一緒にいる時が一番楽しく、幸せに思っています。ワンちゃんに残された時間を大切に、見て接して沢山可愛がってあげるときっと長生きすることでしょう。

より詳しい霊視鑑定は以下の霊能者がおすすめです。今なら無料お試し鑑定実地中↓
応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします😘



霊視が当たる占い師・霊能者7名

本物の電話霊視鑑定です。私が自信をもっておすすめできる方々です。無料お試し鑑定で問題解決しませんか?
>> 無料お試し霊視鑑定 詳細はこちら