ペットの犬が死ぬ前に吠えたのは何かのメッセージ?

ペットの犬が亡くなる前に奇妙な行動をしていたのは何故?
愛犬が亡くなる寸前に吠え続けていたのは何かのメッセージ?

今日は、亡くなる前のペットの様子に関する悩み相談です。

亡くなる前の犬の奇妙な行動は何かのメッセージ?

女性の方からのご相談

昔、実家で飼っていた犬は私が小学生の時に飼い始めて特に大きな病気をすることもなく成長しました。
一緒に昼寝をしたり、散歩に行ったりと、すごく懐いてくれました。

しかし、私が大学で就職活動が始まったころ、犬がよく体調を崩すようになりました。それまでは、毎日朝晩の散歩では、家に帰るのを嫌がるくらい歩き回るし、ご飯を食べる時も「喉が詰まるんじゃないか?」と見ている側が心配になるくらいの勢いで食べていたのです。
それが、だんだんと、散歩の途中で座り込むようになったり、ご飯も残すようになったり、「あれ?」と思うことが多くなりました。

その時、犬はもう15歳近くて、病院に行って調べてもらっても、特にこれといった病気はしておらず、「歳が歳だし、仕方ないのかな」といった状態でした。

私の就職活動が本格化してきたころ、犬の体調が少しだけ良くなりました。以前に比べると多少勢いは落ちますが、ご飯も残さず食べ、散歩も行きたがるようになって、少しほっとしていました。

それなのに、私が第一志望としていた企業の面接の日の朝、急に犬が亡くなってしまっていました。
前日の夜、私は何も気が付かずに就寝してしまったのですが、母親曰く、「夜中に急に大きい声で鳴き始めて、目をつぶったまま、走るような動きをしていた。」らしく、念のため病院にも連れて行きましたが、死因は老衰とのことでした。

それまでしばらくは元気だったのに、何故急に亡くなったのか、どうして面接の日だったのか…「犬なのだから、就活や面接なんてわからないだろう」と思う反面、「何か感じているものがあったのかな、死ぬ間際にどこに走っていこうとしていたのだろう」と今でも気になっています。
何かしらのメッセージや、意味があったのでしょうか?

意識が朦朧としていた

ミライミライ

ソレデハ カンテイ スルヨ

面接の日に愛犬が亡くなったことに関連性はありません。
また、亡くなった理由は獣医さんの言う通り老衰です。

死ぬ間際に何を感じていたか、どこに走っていこうとしていたのかについてですが、ワンちゃんは死ぬ前に老衰で意識が朦朧としていました。意識が不明瞭であったために吠えたり、走ったりという行動をとっていました。

寿命を全うして無事に天国へ旅立っていったので安心してください。

より詳しい霊視鑑定は以下の霊能者がおすすめです。今なら無料お試し鑑定実地中↓
応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします。新しいことが書けます。


霊視で近道!立ち止まってる暇はない!初回無料サービスを使って運を切り開こう!