江原啓之の本を信じる

今日は人気スピリチュアリストである江原啓之さんの本に書いてあることを信じている方からのご相談です。

江原啓之を信じる方からのご相談

主婦の方からのご相談

人間の体の中には悪いエネルギーがあって、それを効果的に出す方法として入浴やサウナの利用を江原啓之さんがご自身の著書で勧めていました。
私はその頃からスピリチュアルに興味がわき、江原啓之さんの著書をたくさん読みました。

自分の体の中にも真っ黒な悪いエネルギーが日々溜っていると思い、私は長風呂をしたり、サウナ通いを始めました。

自宅での入浴の時はお湯に粗塩を入れています。粗塩を入れることで体が浄化されるとのことで確か入浴後は身が軽く感じます。

サウナに入っている人を霊視できる人が見ると、頭から湯気のように真っ黒い物が出ていくのが見えると聞きました。

サウナだけの入浴でも体が楽になって生き返る感じがするので、悪い物が出て行っているんだと私は信じています。

しかしここで相談なのですが、私はこの習慣がやめられなくて悩んでいます。時間に余裕がないときでも、病気中でも入浴しないとダメになってしまいました。

時間が少しでも空けばサウナへ行き、入浴やサウナで汗を出さないと体が重くて眠れません。
食欲もなくなり、生きている感じがしないのです。とりあえず体が動いている状態になっているだけになります。

自分の行動が普通じゃない感じがします。変えたいのに変えられません。どうしたらいいでしょうか?

やらずにいられないのも霊障

ミライミライ

ソレデハ カンテイスルヨ

相談者様が信じていることの中に少なくとも3つの間違いがございますのでご説明したいと思います。

まず、誰しもが体の中に悪いエネルギーを持っているわけではありません。
悪い気を取り入れやすい人や、自ら悪い気を作りやすい人が、体の中に悪いエネルギーを持っています。そしてその悪い気が病気を引き起こしたり、不運を呼び寄せてしまいます。

良いエネルギーを取り入れたり、自ら作り出せる人は、体の中に悪いエネルギーを溜めることはありません。

また、粗塩風呂で悪いエネルギーが出ていきますが、長風呂やサウナの入り過ぎは逆に良い気まで出て行ってしまうので逆効果です。今すぐ止めましょう。

関連記事: 除霊グッズ一覧【保存版】効果がある!霊を追い祓うグッズ

そして最後に、「〇〇をしなければいてもたってもいられない」という状況こそが霊に取り憑かれている証拠です。
粗塩風呂やサウナに入った、入らないの問題ではなく、相談者様は誤った知識を信じることによって自らを苦しめているだけです。

悪いエネルギーを追い祓う方法は粗塩風呂やサウナだけではありません。
ただ歩いているだけでも足の裏から悪い気は抜けて行きますし、悪いエネルギーを追い出すことよりも、誤った霊的知識によって自ら悪いエネルギーを作り出さないことの方が大事ですので、気をつけましょう。


より詳しい霊視鑑定は以下の霊能者がおすすめです。今なら無料お試し鑑定実地中↓
クリック応援よろしくお願いします
 ↓↓ m(_ _)m ↓↓ 
 


最強の霊能者 TOP5はこちら