除霊とお祓いを同じようなものと考えてる人が多いようなので、除霊とお祓いの違いについてお話したいと思います。

除霊とお祓いの違い

除霊とお祓いの違い

神社やお寺で一斉に行われているお祓いに除霊と同じ効果があると思われがちですが、除霊とお祓いは異なるものであり、いくつかの明確な違いがあります。

除霊とお祓いは同じものと思ってる人や、除霊のためにお祓いを受けようと思っている人はご注意ください。

関連記事: 除霊とは?除霊の定義、除霊と浄霊の違い、除霊とお祓いの違いなど

除霊とお祓いの違い【目的が違う】

除霊が人に取り憑いている霊を外すものであるのに対し、お祓いとは清めを目的とした儀式です。

神社やお寺で行われているお祓いは、霊的なチリや埃を祓うもので、除霊や浄霊のようにある特定の霊魂を体内から取り外す儀式ではありません。

お祓いは祓い清めることが目的であるのに対し、除霊は霊障の原因となっている霊魂を取り外すことが目的です。

除霊とお祓いの違い【やり方が違う】

お祓いは、祝詞やお経など概ねの文章の型(神聖な文言)が決まっており、その文言の中にお祓いを受ける人の名前やお祓いの種類の名前(先祖供養・水子供養・除災招福など)を織り交ぜて行うものであり決まった言葉や作法の中で執り行われますが、除霊は、一時的に霊を強引に剥がし取る行為を言います。

また浄霊は、まず初めに霊障の原因となっている霊を体内から呼び出すことが最大の焦点となり、対象の霊を呼び出して体内から取り除くことが浄霊の神髄であります。

関連記事: 除霊方法 | 本当に効果のある除霊のやり方はこれだ!

関連記事: 危険!自分で除霊する方法「セルフ除霊」に効果はない!

除霊とお祓いの違い【効果が違う】

除霊や浄霊は霊障の元となっている霊を呼び出して祓うものなので効果は明らかです。
除霊は、呼び出した霊を更に幽界の上へ上げる浄霊とは違うので、一旦取り払っても、霊が行き場をなくして再び対象者の元へ戻ってしまう可能性もありますが、問題となっているものをピンポイントで取り外すので効果は明らかです。

一方、お祓いは霊障の症状を解決することが目的ではないものなので症状の変化や体感の効果は除霊ほどではありませんが、お祓いでも邪気や軽い霊なら除霊されるので効果がないという訳ではありません。

関連記事: 浄霊とは何か?浄霊の意味・効果、浄霊と除霊の違い

このように除霊とお祓いには目的、やり方、効果に明らかな違いがあります。似てるものと思われがちですが除霊や浄霊やお祓いの意味は異なるものですので、除霊目的でお祓いをして満足してしまったり、お祓い目的で除霊の依頼を申し込んでしまったりしないように気を付けましょう。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします。新しいことが書けます。



最強の霊能者7人の霊視鑑定はこちら

必見!コロナウイルスで激動の時代を生き抜くスピリチュアル