東京オリンピック2020

新型肺炎コロナウイルスの感染拡大の懸念により国際オリンピック委員会(IOC)の委員が、東京オリンピックを開催するかどうかの判断期限が5月下旬であると発言したことについて、「オリンピック中止か?」「AKIRAの予言通りか?」とざわついていますので、今日はこのことについて書きたいと思います。

東京オリンピック開催決定の発表は今から6年以上前の2013年にありました。スペインのマドリードやトルコのイスタンブールが立候補する中、IOCの会長が「TOKYO 2020」と記されたカードを見せたあの瞬間の映像は、日本中誰もが印象に残っていることでしょう。

そして2020年、コロナウイルスの感染防止の為に東京オリンピックは開かれないのではないかと言われている中、1990年までヤングマガジンで連載されていた漫画 AKIRAの中で、東京オリンピックが開催決定になり、その後いろいろな紛争が起こり国民から「オリンピック中止」の意見が上がるという物語になっている件で、漫画 AKIRAに描かれていた予言通り2020年東京オリンピックは中止か?と騒がれています。

二極化が進む中、このまま「オリンピック中止」と騒げば騒ぐほど、東京オリンピックは中止の印象を強くさせてしまいます。

臨死体験中に日本の未来の様子を見た時に、「良い日本の未来と悪い日本の未来の2つの映像が見えた」という人が何人もいるのは、どちらの未来も選択できることを意味しています。

今、東京オリンピック中止だと騒がれている中、1人1人がどちらの未来を望んで意識的に創造しているかが問われます。

よく手を洗い、マスクをして、可能な限り人混みを避け、1人1人が感染予防に努めること。そして、日本の科学者や研究者が新薬を発見することに望みをかけましょう。

少し前にTwitterでもつぶやきましたが、コロナウイルスの流行など1年前から書籍で予知していた霊能者が、コロナウイルスの治療薬について「鳥」「猿」「ネズミ」が持っている菌がヒントになるのではないかと霊視しています。
科学者や研究者達の膨大な知識の中で、何か少しでも良いきっかけとなれば良いと思います。また、東京オリンピックについての霊視では「17」の文字が浮かび、これは東京オリンピックのメダルの数ではないかとも言われています。

皆さん、今日も一日、1人1人が感染防止の為の最大限の努力をしましょう。

応援して下さる方は1日1回クリックを
お願いします。新しいことが書けます



電話で霊視が当たる!本物の霊能者の無料お試し霊視鑑定がオススメ!

電話で話すだけで霊視ができる霊能者がいます。本当に霊視ができる本物の霊能者です。 相手の気持ち、生き方、恋愛、霊障、生霊、仕事の悩み等、霊視が当たった!の口コミ多数。
>> 霊視が当たる本物の霊能者の霊視鑑定はこちら