いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。このブログを書いていますミライです。

皆さんは何か特別に好きなお話はございますか?
私はこの話面白いなー!と思う好きな話が2つあります。

今日はその内の1つをお話ししたいと思います。

関連記事: 木内鶴彦さんの臨死体験 |時空を超えて過去や未来を見て来た話

太田光さんと光代社長の前世の話

太田光さんと光代社長の前世の話

私は、爆笑問題と太田光さんの妻であり事務所社長である太田光代さんが大好きなのですが、太田光代さんの前世の話が、私は凄く好きです。

爆笑問題のお2人も光代社長も占いやスピリチュアルに全く興味がない方ですが、太田光代さんがご自身の著書で語られている前世の話は非常に興味深く、愛があって本当に面白いです。

それは太田光代さんが見た夢の話です。

今から何百年も前に、城に勤める若い役人の男がいて、その男は頭の回転が速くて仕事ができて話が面白く、いつも周りには沢山の人がいたそうです。

その男は町の人々の目の届かない遠い所に小さな家を建てて、身分の違いで一緒になれないとある1人の庶民の女と暮らしていたそうです。

その庶民の女は、男から聞く話が世界の全てで、毎日その男と2人きりで過ごす時間が何にも代えがたい幸せだと言います。

そんな夢を見ていた光代社長は夢の中で、時空を超えて現れた幽霊のような透明の存在になって、家の片隅に漂いながら2人の様子を見ていたと言います。

身振り手振りで話をする男と、男の話を幸せそうに聞く女の姿を見て光代社長は「これは遠い昔の自分と夫で、男が自分で女が夫だ」と直感したと言います。

男は仕事の後に酒を飲んで遊ぶことが多く、ある日を境に男は家に帰らなくなり、女は男の為に毎日料理を作って待っていたのですが、男が帰って来ないと自分の食事もせずにいたので、衰弱死してしまったのだそうです。

何日も経ってからやっと家に男が帰って来て、腐乱した女を目の前に呆然と立ち尽くす男に対して光代社長は「あんたが帰って来なかったから死んじゃったじゃない!」と罵声を浴びせたのだそうですが、男に声は届かなかったと言います。

その時光代社長は「今この自分を殺さなければ、次に生まれ変わる時に2人の時代がずれてしまうかもしれない」と思い、必死に自分に体当たりをして、崖の淵まで追いやって海の底に突き落として殺したのだと言います。

夢から目を覚ました光代社長は、今見た夢が自分と夫の前世であると確信したのだそうです。

面白いですよね~!今生きている自分が、時空を超えて前世の自分を殺したのですよ。

前世や生まれ変わりの仕組みと当たる前世占いの見分け方の記事でも書きましたが、生まれ変わりというのは1つの魂がこの世とあの世を単独で繰り返し生まれ変わっているのではありません。

この太田光代さんのお話は、正にそれを証明してくれているかのようなお話です。

1つの魂が単独で独り歩きしている訳では無いので、現世の自分が前世の自分を殺すと言うことがあり得るのです。

太田光代さんの使命

前世で、掃除・洗濯・料理と、身の回りのことを毎日沢山尽くしてくれた太田さんのことを衰弱死させてしまった光代さんには、今世では自分が太田さんを支えて尽くす使命があるのでしょう。

そして物の見事に今世で、太田光代さんはこの使命を果たされていらっしゃいますね。

光代社長が太田光さんと出会った時、かつて泣かず飛ばすであった太田光さんの才能を確信し成功させる為に一から経営を学んで事務所を設立し、四六時中何十年もひたすら爆笑問題を売り続けて来た結果、太田光さんは誰もが知る大物芸人に大成功され、光代社長の力添えの元にご活躍されていらっしゃいます。

太田光さんの使命

一方、前世において世の中のことを何も知らず、城から帰って来る男から聞く話が自分の全てであった太田光さんは、今世では自ら世の中のことを広く知り、知り得た情報を広く伝える使命があるのでしょう。

太田さんも物の見事に今世で使命を全うされていらっしゃいますね。

その時々の世の中のことを広く調べ、時事ネタ漫才で多くの人を笑わせ、サンジャポやTBSラジオの日曜サンデーでも4時間生放送で旬の話題や世の中のことを広く伝え、前世で出来なかった(やらなかった)ことを、見事に果たされていらっしゃいます。

お2人共、生き様が美しいなーと感動してしまいます。
前世の内容と今世の使命がドンピシャ過ぎて、これが本物の前世占いだと思います。

前世の特徴と現世の特徴

前世の男は地位があり、仕事ができ、酒をよく飲む人でしたが、今世の光代さんもその特徴通りですね。

前世ではいつも周りに多くの人がいたそうですが、今世でも光代さんは、芸能事務所タイタンを始めとする複数の会社の社長なので、部下や所属タレントなど多くの人が周りにいます。

また、太田さんと光代社長が現世で出会った時、光代社長は既にモデル、タレント、女優として華やかにご活躍されていたのに対し、太田さんはまだ売れていない芸人でした。

現在も太田さんは光代さんには決して頭が上がらない存在なので、前世で逆の立場でしたが、身分が違っていたと言う特徴を引き継いでいて面白いですね。

前世で太田さんが掃除や洗濯や料理などよく働いていたということに関しても、今世で太田さんがテレビやラジオやライブ、書籍や絵本の出版など、毎日働き尽くめの特徴通りですね。

また、太田さんはよく家のソファーの一ヶ所にじっと座って動かないそうですが、これもまた前世の女が小さな家の中で毎日大人しくずっと男の帰りを待っていた姿になぞらえるようで素敵です。

また、前世では小さな家を建ててひっそりと暮らしていましたが、今世の太田夫妻の家はお城のような大御殿です。
前世で、小さな家でも2人一緒なら幸せだったお2人は、今世では大御殿で2人で幸せに暮らしていらっしゃるのです。格好良い話ですよね。

また、最後に食事をせずに衰弱死してしまう女ですが、今世の太田さんも小食で痩せていらっしゃいますね。
光代さんもスレンダーですね。

前世では身分の違いから一緒になることが出来なかったお2人ですが、今世では若手の頃初めてみんなで光代さんの家に遊びに行った時に太田さんだけ帰らずに、そのまま居座り続け「俺のファーストレディーにならないか?」と言ったそうです。素敵な話ですよね。

今世では、「出会ったら直ぐに一緒になろう!」と決めていたのでしょう。

前世では一緒になれなかった分、今世では出会って直ぐにそのまま居座って一緒に暮らし、プロポーズすると言う、本当にロマンチックで素敵な話です。

前世の田中裕二さん

こんなに運命共同体と言うか素敵なお2人の前世の記憶の中で、相方の田中裕二さんが関係していない訳がないと思い、ここからは私の勝手な想像ですが、田中さんの前世は、男(光代社長の前世)をよく飲みに誘っていたお菓子の商人か何かの女性だったのではないかなと思います。

その女性(田中さん)からのお酒の誘いが多く、男(光代社長)が振り回されたことで家に帰らなくなり、家で1人待つ女(太田さん)が病死してしまったので、今世で田中さんは社長の下で従順に働くことと、女(太田さん)が1人で寂しい思いをしないようにいつも女の隣に居てあげることと、病気が多いことが使命になり、それだけ魅力的で誘いの多かったその女性と太田さんが来世で恋人同士にならないように、田中さんは今世では男性として生まれさせたのではないかな?と思います。

前世を引き継ぐ特徴として、今世においても光代社長は田中さんに振り回されながらも上手くコントロールされています。

これは私の勝手な想像ですが、そうであったらしっくり来ると思いました。

太田光さんと光代さんの名前の秘密

名前と言うのは親が付けたようで、実は生まれる前の自分が決めています。

私もチャネリング鑑定の際に話の流れで名前の鑑定をさせて頂くことがありますが、名前と言うのはただあるのではなく、名前には人生のヒントが沢山隠されています。

太田光代社長もご自身の著書で「光代は光の代わり」と仰っていますが正にそうで、本当に素敵なお名前だなと思います。

以上、私の大好きな話、大好きなご夫婦の話でした!

本物の霊能者ランキング!
おすすめの本物の霊能者10名はこちらです。 電話で霊視が当たる、本物の霊視鑑定ランキング

悩みを占い師に相談してみませんか?
霊視・未来予知・人生の選択・恋愛相談・仕事の悩み・人間関係・相手の気持ち・守護霊鑑定・故人との対話・亡くなった人の気持ち・亡くなったペットの気持ちの霊視・先祖の霊障・家系の悩み・生霊・祈願祈祷・縁結び・縁切り・結婚・離婚・不妊・不倫・性の悩み・浮気・復縁・経営相談・ビジネスチャンス・心の悩み・方位・金運など
1分240円(税込)~いつでもどこでも電話で霊視占いします。
リモート霊視鑑定

無料霊視相談

電話占い相談の詳しい話はこちら

↓1日1回のクリック応援お願いします😊